魂の文学的良心

感想とかレポとか日記

アルス新メンバーをもっと知ろうの会

 

※書き始めたのが8月なので、記事の始まりと終わりで変な時差があります。

※中の人の話もするよ。

 

 

 

 

『My Little HERO』発売おめでとう!✌︎('ω')✌︎

 

初回B特典の新メンバードッキリ、字面だけ見たらひやひやしたけど、みんななんだかんだ楽しそうだったので良かったです。

 

最近企画モノやブログが始まったりで、新メンバーの人柄を知る機会が得られ、おかげでまた現場行きたい意欲がメキメキ湧いてきました。以前は情報がなさすぎて、一回イベント逃したらもうついていけねぇみたいな感覚ありました。それもあって、約一年間空白の時間ができてしまった。

というわけで、ここに『新メンバーをもっと知ろうの会』発足を宣言するよ!会員は私一人。情報過疎な私が、ネットで拾える情報のみで、新メンバーたちの人となりを探ってみます。一刻も早く生で見たいけど、このご時世なかなかそうは問屋がおろさないので。なんなら仕事上もう遠征は無理かも。知れば知るほどツラくなるやつやん。

 

まず、私自身イマイチちゃんとわかってない、『2019年3月の新メンバー発表から、2020年3月の正式参加まで』の約1年間のイベントや出演情報などの流れをザッとおさらい。所詮ネットで拾える限りの情報のみだから、何か誤りあったらコッソリ教えてね。

 

日付 イベント 出演者 出来事
2019/3/15 ツイッター漫画   部員不足により、ダンス部廃部の旨が知らされる
      3/23 第81回 生徒総会 ミコト(写真のみ)タケルダイチ タケルダイチ 3次元で初登場

    4/5

ツイッター漫画 タケル タケル 2次元で初登場
     4/15 ツイッター漫画 ミコト ミコト 2次元で初登場
        4/25 ツイッター漫画 リンネ リンネ 2次元で初登場
        5/25 ツイッター漫画 ダイチリク ダイチリク 2次元で初登場
          6/1 榊原家のティーパーティ ミコトタケルリンネ ミコトリンネ 3次元で初登場
          7/6

踊ってみた

『金曜日のおはよう』投稿

ミコトタケル  
        7/15 ツイッター漫画   新入部員勧誘に向け動く
        7/25 ツイッター漫画 スバル スバル 2次元で初登場
          8/4 アキバ大好き祭り ミコトタケルダイチリンネ  
          8/9 神田明神納涼祭り 6人全員 リクスバル 3次元で初登場
        8/25

踊ってみた

『唯一、愛ノ詠』投稿

6人全員 11人全員で初踊ってみた
        9/25

踊ってみた

『Fly to night, tonight 』投稿

ダイチリク  
      10/15 ツイッター漫画 6人全員 新メンバーが入部届を書く
      10/19 第2回 公開模擬試験 6人全員 11人全員で初接触イベント
        11/5 『踊ってみた』動画投稿 ミコト  
      11/24 踊り手サミットvol.4 6人全員  
 2020/2/1 スペシャルライブ 6人全員  
        2/23 ダンマスワールド 6人全員  
        3/27 クロノステージvol.4 6人全員 29日に6人の正式入部を発表

 

正式加入までは大体こういう流れでした。

表をざっと見て感じたのが、『コトが始まってから正式入部までの期間が一年間もあった』という衝撃。普通にバリバリ活動してた印象なんですが。もうこんだけ出てたら早くメンバーって呼んであげてほしいわ。

そんでスバルさん初登場結構遅いね!?表見ると半年近く遅れてることになるけど、マジでそんなに間隔あったっけ?自分で作っといてなんだけどイマイチ信憑性ないのですが。ちょっと当時のことあんま覚えてなくて申し訳ない。もし事実だったら、満を持したな~~~~!wってスバルさんを労ってやりたい。私は 19年3月の生徒総会のみ参加してるので、やっぱどうしても一発目のミコトタケルダイチインパクが強くて、後から小出しだった残り3人はやや印象薄いんですよね。

 ちなみに踊ってみた動画だけはアップロードされたらすぐ見てて、『Fly to night, tonight 』でダンス部門は速攻で津田ツインズ推しになってました。前もどっかの記事で言ったかもしれんけど、アルスの好きなとこ堂々の第一位が『高速ダンス』なので、ダンスが良かったらオールオッケーなんです。

もちろん津田ツインズだけじゃなく、みんな良かったです!『唯一、愛ノ詠』の6人バックで踊ってたアレも好きで、ダンスは全員ハナマル合格ッ!!グゥ~~~~~~~!!!!👍👍

ダンスがOKだったので、初登場時感じた不安はわりとすぐ払拭されました。メンバーが楽しんでグループに真摯に向き合ってくれていれば全然オッケー!!頑張る若者は無条件で応援しちゃうよ☆!!

 

グループの動きと私の心境談議はこのへんにしといて、早速新メン一人一人を掘り下げてみる。現場参加してない私にとって、新メンバーの人となりを探る術が、ブログ・DVD・動画サイト・FC動画くらいしかないので、これらで頑張って新メンバーの事探っていきます。まぁその人の佇まいとか、生じゃないと感じ取れないこともたくさんありますが!この程度で彼らの事分かった気になるのはマジで申し訳ないけど、今はこれ以外為す術がないので…!(悲)

 

 

小日向タケル(こひなた たける)

1月5日生まれ、やぎ座のO型、身長168センチ、2年生。一人称は意外にも『僕』。たまに俺って言う時もある。

公式プロフィールでは『明るく元気で裏表のない性格』とされてて、実際ムラなく常に明るいイメージです。『好きなことは掃除』とあって、それわざわざ書くことか!?って思いました(笑)。

ニコニコしてる姿しか思い浮かばないほど、笑顔の人!っていう印象。こっちもつられて笑顔になる。トークなどでもリアクションが大きくて、しゃかりきだな〜って思う (感想)。人懐こくてちょっとおバカっぽいところが愛嬌抜群。よく笑うし、身振り手振りが大きいので、新メンバーの中では目立つ存在かも。立ち位置中心だったり、代表で何か喋ってるイメージが強い。ファンクラブのラジオではMCやったりしてて、トークスキル磨き中?しかし若干滑舌が悪くてかわいいです。メンバー曰く『心配性で緊張しい』だそうで、楽観的そうな見た目との意外なギャップに驚き。三味線や殺陣など得技が多く、アルスの新たな試みに一役買ってくれそう。アキラくんに対してのタメ語がまだ抵抗あるようで、そらそうよなってちょっと同情する。そら流石に無理やで!!某先輩にコツを伝授してもらうといい。

 

ブログは毎日更新で、主に食べ物の話や日常の出来事の報告など、明るく楽しい話題が多い印象。庶民的な食べ物の話題もちらほら見かけるので(アルミ容器のうどんが好き等)、親近感がわきます(笑)。たまーに自撮りをあげてくれる。

おバカっぽさ丸出しで愛くるしい記事。

lineblog.me

  

 

弓削ミコト(ゆげ みこと)

1月19日生まれ、やぎ座のB型、身長165センチ、3年生。一人称『僕』。

『独特のペースで生きている』と紹介されている通り、超スローペースなふわふわキャラで、保護しそうになる。素なのかどうか分かんないけど、受け答えの内容で『???』ってなること多々あります。と思いきや急に真っ当な事言い出して笑いを誘うこともある。発言のたびに身構えてしまう、起爆剤のような存在。

顔立ちがすごくバランス良くて、整ってるな~と思います。パーツの配置やサイズ感がキレイと言うか。単純に好みなのもあると思うけど。

『ダンスがキレキレ』と紹介されてて、実際素人目で見ても、すごく身軽でバネあって緩急の付け方が上手に感じる。新メンの中でダンスの総合点一番高いと思った。でも紹介文のハードル上げすぎて、本人絶対キツイよな(笑)。

ブログ更新頻度は10日に一度程度。内容もふわふわ系かと思いきや、案外まともな事言ってたり、独特な表現がされてたりで、普通に面白くて熟読する。あと、メンバーのことをよく観察してて、ファンにとっては嬉しい観察日記などもあげてくれたり。目の付け所がファンのツボ押さえてるな~と思います。ちなみに加工アプリはSODAです(笑)。

読んでるこっちが嬉しくなるような記事。なんか甥っ子の頑張りを見ているような気分になる。

lineblog.me

ファンにとっては嬉しい、メンバー観察日記。

lineblog.me

 

 

津田ダイチ(つだ だいち)

3月30日生まれ、牡羊座のO型、身長176センチ、1年生。一人称『俺』。

『ナンパ好き』『なんでも努力せずこなせてしまう』という設定で、ノリが軽く飄々とマイペースな人物。無理を感じさせないキャラ設定で、結構本人に合ってるんじゃなかなと思った。天性のチャラさ(?)みたいなのは本質的に持ってそう。さらにトークがわりとスムーズな印象。ノリで押し切ったり、冗談で笑いを誘ったりと、チャラ男設定を上手に活かしてるなと思った。てなわけで安心して見てたら、正式加入の挨拶でガッチガチに緊張してて、意外なギャップに高感度爆上がりしました。

でも、ヒール役を任せやすいキャラなので、舞台などではちょっと損な役回り多くなるのかも。実際初登場はいけ好かないキャラだったし。本当はそんな人じゃないって分かってるからね…!って言いたくなる。

ブログは毎日更新で、自撮り写真が多かったり、文章も絵文字多様でハッシュタグ風に工夫されてたり、サービス精神旺盛で意外と真面目なんだな〜と思います。意外というか、普通にめちゃくちゃ真面目な人なんだろうなってのはひしひしと伝わってきます。あんま言うと営業妨害になりそうですが(笑)。

ブログでたまにド真面目ガチトーンの時があって、漏れてる漏れてるwて思います。こちらガチトーンの記事2連発。

lineblog.me

lineblog.me

 

 

津田リク(つだ りく)

3月30日生まれ、牡羊座のO型、身長176センチ、1年生。一人称『自分』。

『生真面目で自分に厳しい』とあるように、朴訥とした武士みたいなキャラ。こちらもわりと無理なく、ナチュラルに演じている印象(演じているとは言ってない)。最近のケント先生とのコスメンでも、ド緊張の中黙々と言葉探して頑張ってた。もうこっちが緊張してくる。マジで頑張ってほしい。ダイチの双子の弟で、どう見ても兄っぽいのにあえて弟に持ってきたのが良い味出してる。(ちなみに誕生日はリクに合わせている模様)

一見飾り気ないように見えて、濃厚キャラの群れに凛と咲く飾り気のなさが (ないんかい)、むしろ愛くるしい人物。朴やダイチなど表情のバリエーション過多な人とセットなことが多いから、より表情が乏しく見えるのかも。でも結構ノリは良くて、おふざけに乗っかったりするフットワークの軽さも兼ね備えてる。ちなみに新メンの中ではリク様最推しです。好(ハオ)…。

画面で見るとそんな大柄には見えないけど、実際は176センチあるようで。ダイチと並んでアルスの高身長2トップです。実際見たらどんだけ大きいんだ…、(現場行けないツラさがぶり返す)。

ブログ更新は2日に一度程度で、漫画・アニメの話題や、日常の出来事など。等身大な話題を提供してくれるので、親近感強し。そして文章がシュールでツボです。実は天然だよね。

 最初から最後まで面白いリク様ブログ。「花と共に」って、花5秒くらい探したんだが。遠くね?

lineblog.me

 

 

東郷スバル(とうごう すばる)

10月25日生まれ、さそり座A型、身長171センチ、2年生。一人称『僕』。

公式プロフィールに『いつも優しいお兄さん』ってあって、1人だけ毛色違くない!?って思いました。まあ公式がそう言うならそうなんでしょう!確かに優しいオーラは群を抜いてます。新メンの中でも、ツッコミ役に回ることの多い常識人。ファンクラブラジオ『ノットラ』で、ミコトのよう分からん発言にてんやわんやしてたのが記憶に新しい。なぜかアキラ君にいじり倒されてて、この2人のトークの掛け合い(?)が軽快で気持ちいいです。速攻で返せる瞬発力とボキャブラリーの持ち主。間合いの取り方も絶妙で、一番MCに向いてる気がする。顔の造りが大人びているせいか、一歩引いて傍観しているような印象抱きがち。でも実際は積極的に声出したり、リアクション取ったりと、結構能動的な方じゃないかな。

タケル曰く「たまにめちゃくちゃカッコいい時ある」とのことで、時々強烈なキャーポイント(?)作るらしいです。そんなん絶対生で観たいやつやん…。こういう人畜無害そうな人が生で一番ヤバいの知ってるから…。

ブログ更新は10日に一度程度。たまにめっちゃ庶民的な話題の時があるので、それが楽しみ。

めちゃくちゃ余談だけど、さそり座のA型って知った時、「ぽいわ〜〜〜!!!」って思いました。

 

スバルさんの貴重な変顔記事。

lineblog.me

イケすぎていると話題のスバル様

lineblog.me

 

 

宇迦野リンネ(うかの りんね)

9月21日生まれ、乙女座のA型、身長161センチ、1年生。一人称『僕』。

『元引きこもりで、人付き合いが苦手』という、特殊な背景のキャラ。メンバーがわちゃわちゃしてる時でも、あまりリアクション取らず、静かに一歩引いて見てる印象。一見扱いづらそうな彼だけど、メンバーと1対1で喋ると結構面白かった(笑)。声の抑揚が少ないからか、絶妙~な雰囲気での探り探りのトークがほんとツボ。たまに悪気無くズケズケ言うのとかめちゃくちゃおもろいです。一周まわってマスコットキャラみたいな感じ。

ネガティブで引っ込み思案なようだけど、仕草などが案外あざといのも推せるポイント。最近は自撮りやピース✌がだんだん美少女化されてきて、「分かってきた」感が強い。

リンネくんのカメラ慣れしてない感じが、素なのか演技なのか判断がつきません。演技だったらマジすげえ。彼はハンパないポテンシャルの持ち主だと思います。

ケント先生と舞台やったり、歌ってみた投稿したりと、様々なところで経験値を積んでる。心地よくて癒される歌声です。ずっと聴いていられるやつ。こんなエグいギャップがあったなんて…。

ブログ更新は5日に一度程度。パフォーマンスやファンに対する秘めたる思いをつづる時があって、すげー胸打たれます。こんな熱意持って取り組んでくれてるなんて、そんなん絶対行きたいやん。

lineblog.me

lineblog.me

 

 

以上、新メン6人の、私なりに感じ取った人物像紹介でした。「○○っぽそう」な部分もたくさんあるので、あくまで私なりの見解だよってこと頭に置いといてほしい。

個人個人のことはちょっとずつ分かってきたけど、メンバー同士の関係性などはまだイマイチなので、それもおいおい探っていけたらな〜と思っておる。

 

芸能界入ってまだ浅いのに、トークやバラエティなど慣れない仕事こなして、覚える振りも新規・既存と膨大で…。みんなほんとよく頑張ってくれてるよ…。好感度高いし、頼もしくて愛着がわく6人です。知れば知るほど好きになる。

そして数年はイベント行けない現実に押しつぶされるのでした (完)

 

 

ゾッとする本に出会いたい冬

 

 

 

 ここ数年、ミステリー小説にドハマりしていまして。今までファンタジーやコメディしか読んでこなかったけど、気分転換に買ってみたら、もうすっかりミステリーしか読めない体になってしまった。特に叙述ものが好きで、いつ騙されるのかハラハラドキドキしながら読み進めるのが最高。

てなわけで、最近読んだ本でおもろかったやつの感想を書く。こだわりとか全くないので、わりとなんでも軽率に面白いと感じます。ちなみに本棚に並んでる順に書いていくので、発行年とか作者とかめちゃくちゃだよ。(整理しろ)

核心的なネタバレには触れないようするけど、中には何書いてもネタバレになっちゃうようなのもあるから、配慮しきれんかったらスマン。

 

 

 

  

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

マリオネットの罠 / 赤川次郎

 

<あらすじ>とある屋敷の住人から、家庭教師として雇われた修一。通っているうちに、屋敷の地下に少女が幽閉されていることに気付く。ここから出してほしいと少女に懇願され、動き出す修一。この少女が幽閉されるに至ったわけは何なのか。この屋敷の住人達は一体何者なのか。

 

ねぇ、これどこまであらすじ書いていいの!?この本ネタバレとするボーダーライン決めるのムズッ!!紹介したあらすじは全体の1/5にも満たないので、全然面白さ伝えられてないんじゃと不安。ここから怒涛の展開が待ってます。どんどんデカくなるスケールと、次々と襲い掛かる悪夢に、読みながら心臓バックバクになる。そして美奈子ハンパねえ。こんな女に私もなりたい。約350ページと厚めだけど、場面がガンガン変わるので、飽きずにサクサク読める。そんで最後まで読んでやっとタイトルの意味を理解できて、いたたまれない気持ちになった。

 

マリオネットの罠 (文春文庫)

マリオネットの罠 (文春文庫)

 

 

 

十字屋敷のピエロ / 東野圭吾

 

<あらすじ>とある屋敷で、関係者が次々と殺される事件が起こる。その現場には必ず、『悲劇を呼ぶ人形』とささやかれるピエロ人形が飾られていた。殺人現場の不審な点にいち早く気付いた主人公は、事件の犯人を暴くために捜査を始める。

 

裏表紙のあらすじ読んだときは、てっきりピエロが巻き起こすパニックホラー系かと思っちゃった。多分ペニーワイズとかのせい。実際はそんなことなく、王道な推理小説でした。でもこの本の面白いところは、主人公の捜査の合間合間に、ピエロ人形が現場で見た光景が独白形式で入るというところ。主人公の推理とピエロの証言、ふたつの視点から展開される物語が熱い。読み応え抜群でした。

あと、探偵側に回るキャラたちがみんな鋭くてエネルギッシュで、あまりの頼もしさにこちらも胸アツ。で、作中でまさかまさかの人物に危機が訪れる瞬間は、ヤメテーーーーー!!!って叫びそうになった。 

 

十字屋敷のピエロ (講談社文庫)

十字屋敷のピエロ (講談社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 1992/02/04
  • メディア: 文庫
 

 

 

太陽の坐る場所 / 辻村深月

 

<あらすじ>高校卒業から10年経ち、元同級生たちは、毎年恒例のクラス会に参加していた。話題の中心は、クラス会欠席を続ける人気女優キョウコだった。出席しない理由は過去のわだかまりか、また別の理由なのか。クラス会の中心メンバーたちは、彼女を出席させようと、様々な思惑を胸にキョウコにアプローチを仕掛け出す。

 

 あらすじから分かるように、どろっどろです。昼ドラの倍はどろってる。作中のクラス会が『都内に出てきた組』と『地元に残った組』で分かれてお互い敬遠してるくだりとか、もう共感性羞恥が大爆発してしまいました。ギンギンに見栄を張り、未だスクールカーストを引きずり、マウンティングしてないと自分を見出せないような30手前。こちらまで気恥ずかしさを感じてしまう、臨場感たっぷりの描写に感服しました。女優キョウコに近づくにつれ、より露わになる人間模様に、胃がひりひりする作品。伏線の回収や、色々なことの清算などで、読後は爽快感あった。

 

太陽の坐る場所 (文春文庫)

太陽の坐る場所 (文春文庫)

 

 

 

 連続殺人鬼カエル男 / 中山七里

 

<あらすじ>残虐な殺人事件の現場に、稚拙な文字の犯行声明文が残されていた。声明文に書かれたカエルの実験を、実際の殺人になぞらえていることから、犯人は『カエル男』と呼ばれるように。警察の捜査が進展しない中、次々と起こる第二、第三の殺人事件。町の人々の混乱は頂点に達し、未曽有の事態が巻きおこる。果たしてカエル男の正体とは?

 

可愛い表紙に騙されて読んでみたら、めっちゃくちゃグロテスク。殺人や死体の描写がリアルすぎる。ただグロいだけではなく、司法制度の闇や、混乱する人々の心理も描かれてて、殺人と相まってより一層ゾッとさせられる。さらに、めちゃくちゃ激しい格闘シーンや、衝撃の展開もあり、一冊で腹いっぱい。

そしてなによりキャラが良い!!脳筋若手刑事の古手川と、ゲキマブベテラン刑事の渡瀬のタッグが最高に熱い。古手川が若さゆえに突っ走っちゃうんだけど、それを牽制してくれたり、助けてくれるベテラン渡瀬。逆に古手川の猪突猛進が事態を大きく動かすこともあり、激熱すぎてこの二人一生推す。ちなみにカエル男の実写で、古手川を演じてるのが工藤亜須加さんで、私の中の古手川像にドンピシャなので結構嬉しい。

 

ここから先、結構なネタバレ含む余談です。

 

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

作中の『50音順殺人』で、『え』の人が殺された時、私の苗字が『お』なのでめちゃくちゃ怖かったです。苗字あ行の読者たち震えてたと思う(笑)。 

連続殺人鬼カエル男 (宝島社文庫)

連続殺人鬼カエル男 (宝島社文庫)

 

 

 

連続殺人鬼カエル男ふたたび / 中山七里

 

<あらすじ>世を震撼させた『カエル男』の事件解決から10か月後。凄惨な殺人事件と共に、ふたたびカエル男の稚拙な声明文が発見される。カエル男の犯行は、ふたたび繰り返されようとしているのか?

 

『連続殺人鬼カエル男』の続編です。前作読んでないと内容全然分かんないから、2作続けて読みたい作品。こっちの感想は何書いてもネタバレになっちゃうから、なんも書けません!グロさはバリバリ健在だよ!!

前回まあまあな頻度で大怪我してたけど、こっちでも相変わらずボッコボコの古手川と、かっこよすぎると話題の渡瀬のタッグもふたたび。このふたり埼玉県警所属なので、中山七里さんの他作品で埼玉が舞台のものには、大概このコンビも登場しているもよう。なんか「埼玉住んでるな~」って思えてかわいいね。

前作もそうだったけど、この作品って章タイトルが『刺す』とか『捻る』みたいに、その章の被害者の殺害方法なんだよね。目次の時点でもう疲れるんですよね。 

連続殺人鬼カエル男ふたたび (宝島社文庫)

連続殺人鬼カエル男ふたたび (宝島社文庫)

 

 

 

慟哭 / 貫井徳郎

 

<あらすじ>

幼女連続殺人事件の犯人を追う、捜査一課長の佐伯。捜査は難航し、さらに世論と警察内部の批判を受け、佐伯は悩乱することに。その一方、黒魔術を狂信する新興宗教にのめり込み、心の穴を埋めようとする男がいた。佐伯は事件の犯人にたどり着くことが出来るのか?

 

捜査一課長の佐伯と、宗教にのめり込む男、2人のパートが交互に語られる物語。なかなか進まない捜査に苦心する佐伯だけど、こっちは男の動きが分かってるので、どうにかして教えてあげたくてムズムズする。そして主人公の佐伯が、生い立ちから現状から何から何までかわいそうすぎる。なんでここまでひどい仕打ち受けなきゃダメなの!?て気持ちになりました。丘本みたいな部下がもっとたくさんいてくれたらなぁ。

この本は終始ほんっとうに救いようがなくて、特にラスト1文には愕然とさせられました。読後こんな感じになる。

f:id:ciiiars:20201212183921j:image

ほんとに悲しい物語なので、後記の『フィクションです』を何度も読み返しました。この部分が唯一の救い。 

慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫)

 

 

 

悪意 / 東野圭吾

 

<あらすじ>

人気作家が、仕事場で殺される事件が起こる。犯人はすぐ逮捕されるが、決して動機を語ろうとしなかった。犯人の手記と、次々出てくる動機となり得る証拠。隠された真実とは一体。

 

大人気、刑事加賀恭一郎シリーズ!!加賀刑事が安心と信頼の切れ味で、あまりの頼もしさに笑っちゃう作品。鋭いし行動力あるし剣道六段だし、さらに情に厚く人間味まである。さらにさらにイケメン。今作では加賀刑事の過去の苦い話も語られ、よりファンになっちゃう。

『とある人物の手記』と『加賀刑事の記録』で構成される物語。東野圭吾さんの作品いくつか読んでるけど、同じ作者が書いたとは思えないくらい全く新しい形で、夢中になって読みました。早い段階で犯人は逮捕されるんだけど、そこからの展開で心がぐちゃぐちゃにかき回されます。もう何を信じていいのか分からん。まさに『悪意』に満ちた物語だった。 

悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 2001/01/17
  • メディア: 文庫
 

 

 

赤い指 / 東野圭吾

 

<あらすじ>公園のトイレで、少女の遺体が発見される。警察による捜査の末、ある平凡な一家が捜査線上に上がる。この至って平凡な家族に、一体何があったのか?

 

ふたたび登場、加賀恭一郎シリーズ。登場人物たちの有り得ない行動に はらわたが煮えくり返りながらも、認知症介護、嫁姑問題、引きこもりなど、決して他人事ではない重たいテーマに心が沈む。家族のあり方ってなんだろう…。初期の段階で犯人が明らかになっているので、加賀刑事がそれらをどのように崩していくのかが見もの。タイトルが一見恐ろしいけど、終盤でその意味を理解した時、切なさに胸が締め付けられた。

加賀刑事の父親やいとこも登場し、こちらの家族にもスポットライトが当てられる。切なくも温かい展開もあるので、最終的には救われました。 

赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: 文庫
 

 

 

殺しの双曲線 / 西村京太郎

 

<あらすじ>差出人不詳の招待状を受け取り、東北の山荘へとやってきた男女6人。深い雪に囲まれた山荘は、到着後まもなく、交通も通信手段も途絶えてしまう。救助を待つ間に、次々巻き起こる連続殺人。平然と紛れ込んでいる犯人の正体とは…?

 

王道の、クローズド・サークル系!このシチュエーションだけでワクワクが止まらねえ!さらに、本の冒頭に『この物語は双生児トリックだ』と作者自ら宣言してある。それでも解けるならどうぞ?w と言わんばかりの煽り顔が浮かんできます。読みながらわりと最初の方で犯人の目星はついてたんだけど、途中でそいつ死んじゃって驚きました。最後の最後まで分からない展開に、ページをめくる手が止まらん。事前に宣言されてた双子トリックも華麗。双子であることの真骨頂をフルに使ったトリックに、刑事と一緒になって「ぐぬぬ…」て言ってしまった。

新装版 殺しの双曲線 (講談社文庫)

新装版 殺しの双曲線 (講談社文庫)

 

 

 

仮面山荘殺人事件 / 東野圭吾

 

<あらすじ>とある山荘に集まった、男女8人。しかし、逃亡中の強盗2人が侵入し、8人は山荘に監禁されてしまう。何度も脱走を試みては失敗する中で、うち1人が死体となって発見される。状況から考えて強盗には不可能で、7人は疑心暗鬼にかられていく。この混乱の中、殺人を犯したのはいったい誰なのか。

 

 状況が二転三転の大忙し展開に、終始緊張しっぱなしの作品。中だるみせずガンガン物語が進展するので、一気に読んでしまいました。

何書いてもネタバレになるのでなんも言えんけど、マジでめちゃくちゃ面白かったです。途中ちょっと感じた違和感が、まさかまさかの展開に繋がり、めちゃくちゃ衝撃。読了後の爽快感がすさまじい。 

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 1995/03/07
  • メディア: 文庫
 

 

白馬山荘殺人事件 / 東野圭吾

 

 <あらすじ>一年前に白馬のペンションで兄が自殺し、その死に疑問を抱いていたナオコは、兄の死の真相を突き留めようとペンションを訪れる。ペンションには、兄が死ん日と同じ顔触れの常連客が揃っていた。各部屋に飾られた『マザーグース』の唄と、兄が残した意味深な言葉。兄の死は本当に自殺だったのか。そして、ふたたびペンションに魔の手が迫ろうとしていた。

 

暗号、密室殺人などなど他にも王道要素が盛りだくさんで、ワクワクしながら読みました。ラストは、多くの謎や伏線が一気に解き明かされてって爽快です。トリックや暗号はめちゃくちゃ凝ってて、私には難解でいまだ解けた気がしません。主人公ナオコと親友マコトの2人組が、独特の雰囲気あってすごく好き。主人公たち以外にも、意外な人物が終盤になるにつれ強烈にかっこよくて、その人物の登場シーン何度も読み返しました。キャラクターたちに愛着湧いちゃって、この作品だけで終わりなのがさみしい。

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 1990/04/01
  • メディア: 文庫
 

 

十角館の殺人 / 綾辻行人

 

<あらすじ>大学のミステリー研究会に所属する7人の学生は、とある孤島に執筆合宿にやってくる。そこには『十角館』という建物があり、半年前に奇妙な殺人事件が起きたといういわく付きだった。一方本島では、合宿に参加しなかった研究会メンバーの元に、奇妙な手紙が届く。本島組によって次々暴かれる十角館の真実。一方孤島のメンバーに、徐々に魔の手が忍び寄る…。

 

めちゃくちゃ衝撃を受けた作品ナンバーワン。この本でミステリーの面白さにのめり込んだ。まじでめちゃくちゃ面白かった。

ネタバレになっちゃうのであんま言えんが、とにかくあの1行の衝撃はすごいです。驚きすぎて思考停止した。この衝撃を一度しか味わえないのが残念でならん。散りばめられた伏線やトリックが一気に回収されてくのも気持ちいい~!で、この作品まさかの漫画化してるらしく、絶対無理だろ…っていうシーンをどう絵に起こすのかが見もの。

綾辻行人さんの他の館シリーズも面白かったです。

あとめちゃくちゃ余談なんだけど、作中の若者の喫煙率で、大体の発行年予想つくよね。

 

 

 

火車 / 宮部みゆき

 

<あらすじ>休職中の刑事の元に、人探しの依頼が舞い込んでくる。依頼人の婚約者『関根彰子』は、依頼人とのある出来事をキッカケに、自ら徹底的に足取りを消して消息を絶っていた。なぜ彰子はそこまで自分の痕跡を消す必要があったのか。わずかな手がかりを元に彼女の足取りを探ると、やがて信じがたい真相へとたどり着く。

 

読みながら鳥肌が止まらなかった。得体の知れない恐怖に、ページをめくる手が止まらなくなる。雲を掴むような地道な捜査の末、じわじわと明らかになる真実に、一気に引き込まれる。宮部みゆきさんの文章力えぐい。消費者金融の闇なども物語に大きくかかわってきて、読み進めるにつれ恐怖が徐々に悲しみや同情心に変わり、やるせない気持ちでいっぱいになった。ラスト数ページの展開は圧巻でした。後世に語り継ぎたい締めくくり。

www.amazon.co.jp

 

レベル7 / 宮部みゆき

 

 <あらすじ>あるマンションの一室で目覚めた、記憶喪失の男女。腕には『Level7』の文字が記されていた。2人は失われた記憶を取り戻そうと調査を始める。一方、「レベル7まで行ったら戻れない」という謎の言葉を残し、突如失踪した女子高生。彼女の行方を捜す主婦と、記憶喪失の2人、2組の捜査はやがて交錯し、凶悪な事件へとたどり着く。

 

めっちゃくちゃ面白かった。序盤はとにかく謎が多くて、「?」浮かべながら淡々と呼んでたんだけど、途中から一気に点と点が繋がってって、スリル満点でページめくる手止まらん。色んな伏線や謎が一気に回収されてくのがめちゃくちゃ気持ちいいです。そして、お助けキャラなのか敵なのか、最後までわからないあのキャラが超カッコいいです。

 

レベル7(セブン) (新潮文庫)

レベル7(セブン) (新潮文庫)

 

 

 

ハサミ男 / 殊能将之

 

 <あらすじ>美少女を殺害し、首にハサミを突き立てる猟奇殺人犯、『ハサミ男』。ハサミ男は3番目の犠牲者を決め、決行の日まで緻密に下調べをしていたが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間が、なぜ彼女を殺す必要があったのか。ハサミ男は調査を始める。

 

連続殺人鬼が自分の模倣犯を追うという、面白い構造!!警察の動きとハサミ男の動きが交互に展開されてくんだけど、思いがけないすれ違いに、「志村ー!後ろー!!」みたいな感情になる。何書いてもネタバレになるのであんま言えんけど、めちゃくちゃ面白かったです。ヒヤリとするラストに、読後は落ち着かなくなった。

 

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

 

 

ロートレック荘事件 / 筒井康隆

 

 <あらすじ>郊外の洋館に招待された青年たち。優雅な休日を過ごす中、同じく招待されていた美女たちが、次々と殺害されていく。捜査中の警察の目を欺き、次々と美女を殺す殺人鬼はいったい誰なのか。

 

序盤の優雅なひと時から一転、突然の地獄に「もうやめて…」と言いたくなる作品。警察がどれほど警戒していても起こってしまう殺人に、緊張で手に汗握る。

トリックは巧みで、序盤からかなりの伏線が散りばめられているので、もう一度注意深く読み返したくなる。伏線の回収や謎の説明も、ラストで丁寧にしてくれて、非常に親切な作品でもある。

事件解決後に明かされる小さな事実に、悲しくてどうしようもなくなる。読後は虚無感に襲われました。 

ロートレック荘事件(新潮文庫)

ロートレック荘事件(新潮文庫)

 

 

 

むかし僕が死んだ家 / 東野圭吾

 

 <あらすじ>「幼い頃の記憶がない」と話す、元恋人。彼女の記憶を取り戻すため、彼女の父が残した謎の地図と鍵を頼りに、とある山中の小さな家にやってくる。家の中を捜索していく中で、彼らは恐ろしい真実にたどり着く。

 

廃墟や、長年手入れされてない場所恐怖症(?)なので、恐る恐るページめくってました。人の暮らしてた痕跡が生々しくて臨場感たっぷりで、恐怖症の私をとことんビビらせてくれた。

徐々に明かされる真相に、怒りやら悲しみやらで心がめちゃくちゃになります。東野圭吾さんに心乱されがち。こうなってしまう前に打つ手はたくさんあったのに…。

登場人物の後日談に、心にぽっかり穴が空いたような感情に陥る。救済を…、心の救済をしてください…。

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 1997/05/14
  • メディア: 文庫
 

 

 

以  上 !!!

どれもこれも、もう一度読み返したい作品ばかり!だけど爆買いした未読本ストックが溜まりすぎてて、そっちも消化してかないかん。買うだけ買って手付けない読書通ぶってるやつみたいになってる…。ツラ…。

 

 

 

 

好きな脱出ゲームを語る 〜jammsworks編その②〜

 

 

 好きな脱出ゲームアプリをひたすら語らうのコーナー。

脱出ゲーム紹介記事は今回で第5弾です。このまま全部語りつくしてたら10とかまで行っちゃいそうなんだけど、イイ感じの終わり時が分からないので、多分今後もマイペースに続けていきます。

というわけで今回は、第4弾に引き続き『jammsworks』さんの作品を語らっていきます!

前の記事はこちら。

 

ciiiars.hatenablog.com

 

 

前回は初期~中期の作品を紹介したので、今回はここ2年くらいの中期~最近にかけてリリースされた作品を語らっていきます。(初期とか中期とかってのは私が勝手に言ってるだけで、ご本家様はリリース時期で作品区切ったりは一切されてないよ)

で、そのたった数年の間に、jammsworksさん凄まじい進化遂げてるから…。中期~最近『~』の間に3段階飛び級並みにレベルアップしてるので、その急激な発展の様子もとくとご覧あれ。

 

てなわけで、以下から感想。核心的なネタバレには触れんようにするけど、見所とかはバンバン書いてくから注意。

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

・Dinner

f:id:ciiiars:20200718233425p:image

白とピンクでカラーが統一された、洗練されたデザインのレストランが舞台。訪れるお客さんはやたらリアルな動物たちという、かわいらしさとシュールさが織り交ざった奇妙な世界観。jammsworksさんの真骨頂をぶつけられたような作品。

天井の照明の配置がすごいんですが。 コード付きシーリングライトをド真ん中に付けるしか能がない私、天井のデザインだけで格の違いを見せつけられる。

f:id:ciiiars:20200720125001j:plain

jammsworksさんの作品、ウサギが頻繁に登場します。作品のテーマに合わせた仮装をしてたりするので、そちらにも注目。今回はフォーマルに蝶ネクタイきめてる。

f:id:ciiiars:20200720124952j:plain

人間の登場人物がやたらリアルで戸惑う。コックさんはデフォルメちっくなのに、なぜSPはこんなにもリアルなのか。しかもなんか見覚えある顔なんですが…。北野た○し…?

f:id:ciiiars:20200720151150j:image

 

脱出ゲーム Dinner 満天!星空レストラン
脱出ゲーム Dinner 満天!星空レストラン
開発元:Jammsworks Inc.
posted withアプリーチ

 

・Marin Blue

f:id:ciiiars:20200720125107p:image

白を基調としたシンプルな室内に、海の青やカラフルなサンゴが映える、爽やか空間!『海の底の結婚式場』っていう舞台が最高すぎん?なんでそんな心躍る設定を思いつくんだろう…?

f:id:ciiiars:20200720125125j:image

セクシーギャルが、なぜか頭だけはちゃんと潜水スタイルなの良いよね。jammsworksさんがたまにやる『顔が見えそうで見えない』っていうやつがほんと大好きで…。こういうちょっと得体の知れないやつらに囲まれてる感じとかドツボなんよな~。ていうか潜水ヘルメットっていうアイテムにロマンを感じます。フジツボだらけの古いやつとかインテリアとして欲しい。

f:id:ciiiars:20200720125115j:plain

他の作品に比べて、大掛かりなギミックが多い印象で、画面が大きく動くワクワク感が楽しかったです。電光掲示板を使った仕掛けとか、フゥ~~~~~↑↑↑!!!!( ☝ ՞ਊ ՞) ☝でした。あと、火を起こす仕掛けも面白かった。ファンタジーワールドでしか起こり得ない現象なので、他の脱出ゲームにはない興奮が味わえます。

 

脱出ゲーム Marine Blue 海の中のウエディング
脱出ゲーム Marine Blue 海の中のウエディング
開発元:Jammsworks Inc.
posted withアプリーチ

 

 ・Otsukimi

f:id:ciiiars:20201009211207p:image

こちらも、重厚な雰囲気に相反して、なかなかツッコミどころの多い作品。

脱出の舞台は、赤壁武家住宅みたいな なんかすごい金持ちの住んでそうな立派な家屋なんだけど、空に浮いてるような謎空間に建てられてて、ため息出るほどの圧巻の世界観。どの作品見ても、作り込まれてんな~って感心させられる。この毎回新鮮なオリジナルの世界観、一体どこからインスパイアされてくるん?
f:id:ciiiars:20201009211221j:image

f:id:ciiiars:20201009211137j:plain

ふすまが花札の絵柄になってて、それが『シャッシャッシャッシャ!!』って順に開いていく演出に感動した。

映像がまたきれいなんじゃ…。畳の目とかまで数えられそうなほど、グラフィックが細かい。映像のきれいさは毎回言ってますが、何回行っても言い足りんね

f:id:ciiiars:20201009211215j:image

超場違いなカラーコーンとか、卓球台とか、なんかそういう謎の設置物があちこちに点在してて、いちいちツボ。せっかくの素晴らしい世界観を、自らぶち壊しに行く猛者 ~jammsworks~…

で、極めつけは、まさかまさかの来訪者。『OBON』でのあの衝撃が蘇る。こちらも是非自分の目で確かめていただきたい。

あと、餅つきのシーンね。爆笑しました。一瞬アプリバグったのかと思った。

 

脱出ゲーム Otsukimi お月見うさぎとかぐや姫
脱出ゲーム Otsukimi お月見うさぎとかぐや姫
開発元:Jammsworks Inc.
posted withアプリーチ

・school 

f:id:ciiiars:20201008111804p:plain

『Otsukimi』『OBON』と並んで、屈指のツッコミどころを誇る作品。前回紹介した『HOME ROOM』とは、同じ教室モノ(教室モノ?)だけど、仕掛けも雰囲気もガラッと違ってて新鮮です。

f:id:ciiiars:20201008111858j:plain

キャラクターの髪色だったり名前だったり、今回はメルヘンな世界観なのかな?と思ったら…、

f:id:ciiiars:20201008111816j:plain

コンクリートジャングルのど真ん中にあった。めちゃくちゃ高層ビル立ち並んでるじゃん。『HOMEROOM』で登場した群馬県立高校はなぜか山岳地帯に建ってましたが、こちらは真逆の大都会。立地が極端すぎる。

で、隣の教室移動すると…、

f:id:ciiiars:20201008111729j:plain

なにやってんの…?

マジで何やってんだ。

で、先生がフライドポテト片手に教壇に立ってるから、ぶんどってやろうとしたんですよ。しかしいくらタップしても取り上げられない……!!チョークとすり替えようとしても、頑なに離さない…!よこせ!!

空腹でぶっ倒れてる生徒がいたので、そいつに取り上げたポテトをプレゼントしてやるのかな?って思ってたら、結果全然違いました。ポテト食いながら授業してるただのダメ教師だった。

あと、毎度おなじみの粋な遊び心に痺れますね。アイテムを使う前のワンクッションだったり、地味だけど心躍る演出が盛りだくさんです。

 

脱出ゲーム School しょんぼりチャーリーと不思議な教室
脱出ゲーム School しょんぼりチャーリーと不思議な教室
開発元:Jammsworks Inc.
posted withアプリーチ
 

 

・HANSEL AND GRATELf:id:ciiiars:20201009172540p:image

ここら辺から、冒頭で言ってた『凄まじい進化』の始まりです。

 

f:id:ciiiars:20201009172520j:plain

f:id:ciiiars:20201009172548j:plain

 世界広がりすぎててびっくりしたでしょ?私もびっくりしました。視界が一気に開けて、ハンパねえ解放感です。

ワタクシ一時期脱出ゲーム全く触ってなくて、半年ぶりにダウンロードしてみたらこれだからね。最初ほんとにjammsworksさんの作品なのか怪しんじゃったけど、

f:id:ciiiars:20201009172553j:plain

この変な顔の馬が登場して、「間違いない」って確信が持てましたね。キリンとかウサギとか馬とか、おなじみの顔はしっかり揃ってる。

 最近は童話などをモチーフにした、ストーリー要素強めの作品を多く出してて、原典知ってるとより楽しめるものばかり! 原作のストーリーをなぞってはいるけど、オリジナルの展開多めで、以前からのjammsworksさんの雰囲気はそのままです。相変わらずシュールで、ややブラックなユーモアがふんだんに盛り込まれてる。魔女を退治するシーンなんかはまあまあ不謹慎で笑いました。でも原作はもっと残酷なんですが(笑)。

 

最近の作品でよく見かける、『赤ペンキのギミック』。あれやりすぎてるせいで、日常生活で道路標識見かけると脳が反応してしまうんですが。引き出しにポツンとあるハサミとかは以前から反応してたけど、道路標識は完全にjammsworksさんのせいです。あとダンベル&ペダル式ごみ箱とか、風船&像とか。だんだんjammsworks脳になってきている。

  

脱出ゲーム Hansel and Gretel
脱出ゲーム Hansel and Gretel
開発元:Jammsworks Inc.
posted withアプリーチ

Peter Pan

f:id:ciiiars:20201009173048p:plain

今紹介したヘンゼルとグレーテルですでに驚いてるのに、そっからさらに進化してて度肝を抜かれた作品

今回から、お部屋編&ネバーランド編と二部構成になり、ボリュームが今までの倍に。ケータイを傾けると作動する仕掛けが備わったり、フィールドの奥行きもさらに深まったりと、どこまでも広がっていくjammsワールド。グラフィックも全体的にデフォルメっぽくなり、絵本の世界みが増した。

f:id:ciiiars:20201009173015j:image

このお部屋編で既にまあまあのボリュームなのに、まださらに用意されているという、大満足な厚み。

『窓の外のティンカーベルをお部屋に入れてあげよう』っていうクリア条件のために、アイテム使って上げ下げ窓を少しずつ開けていくんだけど、途中でアイテム集めが行き詰ったので、スパナで窓ガラスぶち破ろうとしてしまいました。なんかjammsworksさんなら多少の器物破損は許されそうな気がした。

↑の画像、ウエンディとジョンはアニメ映画のビジュアルに寄ってるんだけど、マイケルだけは普通の赤ちゃんで笑いました。旅に出るどころかつかまり立ちも出来なさそう。

f:id:ciiiars:20201009173028j:image

f:id:ciiiars:20201009173033j:plain

ネバーランド編も超濃度濃いです。海賊船・インディアン・人魚の入り江などしっかり登場します。さらに、毎度おなじみだったミニゲームも、パズルやアクション要素も加わり大幅にグレードアップ。しかもちょっと難しく、パズルゲームは何度も行き詰った。単に私がパズル苦手なだけなんですが。

あと、おなじみだったSEにも変化が。アイテムを発見した音とか、道具を新たに錬成した音とか、結構新しくなってて新鮮。でもモノを差し込む時の『ドゥクシッ!』は健在でした。あと私が大好きな『鍵を回す音』も残ってて嬉しかった。

 

脱出ゲーム Peter Pan ~ネバーランドからの脱出~
脱出ゲーム Peter Pan ~ネバーランドからの脱出~
開発元:Jammsworks Inc.
posted withアプリーチ

かぐや姫

f:id:ciiiars:20201010012558p:plain

こちらはかぐや姫の物語をモチーフにした作品。お恥ずかしながら、かぐや姫のあらすじあまり覚えてなくて、ゲーム中の物語の展開に毎回戸惑いました。それでも全然クリアできるので支障はなかったけど、原作知ってた方が絶対楽しかったなと後で後悔した。

f:id:ciiiars:20201010012612j:plain

今回は、竹藪編&翁ん家編(多分)の二部構成。竹藪編は、竹のざわざわ揺れる音や、雅楽の美しい音色がすごい心地よい。他にも桜が散ってたり、妖怪や相撲取りが登場したりと、日本の旨みを凝縮したような世界観です。

急に寿司ゲームが始まったのは焦りましたが。ふすま開いたら、突然お寿司のミニゲームがスタート!!しかもまあまあ集中力使う。何回じじいにブチギレられたことか。コツは、お茶の存在を見逃さないこと。

竹やぶで刀構えてるやつ、君誰? ちょっと気になるので誰か確認してください。ぬらりひょんかなんかか?

f:id:ciiiars:20201010012605j:plain

室内編も超充実の内容。和のアイテム使った仕掛けが盛りだくさんで楽しい。特にお湯を沸かすやつが楽しかった。やかんに入れる水が見つからなくて、池の水汲もうとしたのは記憶に新しい。雨水集めようとしたり。

あと、月からのお迎えの人を使った仕掛け、まさかの発想で拍手しちゃった。ほぼ全ての作品やってると、なんとなく仕掛けのパターンが分かってくるんだけど、これには仰天させられた。私もまだまだjammsworksビギナーだな…と思いました。

 

脱出ゲーム かぐや姫 竹取物語からの脱出
脱出ゲーム かぐや姫 竹取物語からの脱出
開発元:Jammsworks Inc.
posted withアプリーチ
 
というわけで、以上でjammsworks編終了〜〜〜〜!!!当初は作品全体の1/2程を紹介するつもりが、絞りきれなくて結果ほとんど紹介してしまいました。ほんと作品ごとに世界観がガラッと変わるので、毎回フレッシュな気持ちで楽しむ事が出来る。和テイストから、ファンタジーから、最新作のアラビアンまで。ふり幅がめちゃくちゃ広いので、刺さる世界観がきっと見つかるはず。
グラフィックやギミックの完成度高いのはもちろんなんだけど、なによりとにかくプレイしてて楽しい。たくさん笑えて、意外性にワクワクできて、可愛い演出に癒される。なんか脱出ゲームの概念を変えてくれたような印象。もちろんガチガチ閉鎖感のほの暗いのも大好きで、それが脱出ゲームのデフォなんだけど、それとは別にjammsworksっていうジャンルが確立されてます。
これからも変わらず楽しませていただきます~!
 
 

ツイステたのしい日和part5 〜スカラビア編〜

 

 ヤッホー〜〜〜✌︎('ω')✌︎

 

 秋の気候過ごしやすくて最高~~~~~~~~!!

 そうこうしてる間にツイステは第5章に突入。謎多きポムフィオーレ寮が暴かれます。個人的にポムさんかなり推し寮なので、すごい楽しみ。ルークの授業後の「終わりこそ美しく…~fin~…」ってやつが好きすぎて、最近は事あるごとに「~fin~…」使ってしまう。私もはやくルークになりたい。

ルークルーク言ってるけど、今回は第4章スカラビア編の感想です。ルーク一回も出てこん。

 

前回第3章の感想はこちら

ciiiars.hatenablog.com

 

 というわけで、以下ネタバレあり感想です。

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

第4章『熱砂の策謀家』

 ★大雑把なあらすじ★

 学園は、冬休み期間に突入。ほとんどの生徒が実家に帰省する中、スカラビア寮は、寮長カリムの命令に従って、全員寮に居残りで成績強化合宿を行っていた。普段は天真爛漫なカリムだが、特訓中は横暴な立ち振る舞いに変貌する。そんな様子がおかしいカリムに、ほとほと困り果てた副寮長のジャミルは、監督生に助けを求めてくる。意図せずスカラビア寮の問題に巻き込まれてしまった監督生。無事カリムの暴走を食い止め、スカラビア寮に平穏を取り戻すことはできるのか!?みたいな感じ。

 

 スカラビアの2人に関しては、3章終わりの時点で不穏な空気ビンビンでしたからね。ジャミルがジャファー様オマージュっぽいから、「なにか洗脳系の魔法仕掛けてくるんだろうな~」って予想はついてたけど、もうこの時点で明らかじゃないですか!?ジャミルがカリムの従者って背景とかも考えると、この先地獄の予感しかせん。読むのめちゃくちゃ覚悟いりました。 

 

というわけで地獄のニューフェイス紹介。

 

 カリム・アルアジー

f:id:ciiiars:20200918134447p:image

 スカラビアの寮長を務める2年生。成績や魔法力が優れている様子はないけど、非常に寛大で朗らな性格で、人徳生達から支持を得ている様子。天真爛漫の度が過ぎて、若干他寮生に煙たがられてるふしがあるけど、そんなもん全く意に介さない規格外の陽パワーの持ち主。しかも、ご実家が超大富豪で有らせられるらしい。ご本人全く悪気無しの豪華絢爛マウントガンガン取ってきて、もう一周回って気持ちいいですね。ここまでおおっ広げな金持ちは逆に最高。インドのドタバタギャグ映画の主役やってほしい。

こんな陽気な彼だけど、大富豪の跡取りという立場ゆえに、食事に毒盛られたりとなにかと命を狙われる人生だったらしい。そのヤバすぎる生い立ち知ると、カリムの奥底に眠る闇を知りたくなっちゃうよね!でも、そんな環境だったにも関わらず、おそらく一切闇のないところが彼の魅力。

褐色肌+白髪+赤い目という、ポイントを押さえたビジュアルで非常に刺さる。ダンサーっぽいのに装飾ゴリゴリで、ギャップある寮服もかっこいいよね。

 

ジャミル・バイパー

f:id:ciiiars:20200918134532p:plain

 スカラビア寮の副寮長を務める2年生。バイパー家が先祖代々アジーム家に仕えてきたので、自身も幼少期からカリムの従者をしている。クールで思慮深く、色々と頼りになる常識人。カリムの突飛な行動に振り回されがちな苦労人でもあり、カリムの世話のみならず寮生全員の面倒まで見てる、みんなの保護者みたいな立ち位置。ある時は宴の準備、ある時はカリムのフォロー、ある時は寮生の料理指導&相談窓口。大変だねほんとに…。

正直、初見ではキャラがそんなに印象に残らなくて(他がキャラ濃すぎ)、これまであまり気にかけてこなかったんだけど、3章終わりに急にクソデカ含み笑いぶちかましてきて一気にキャラ立ちしました。こういう人の秘めたる腹黒さはヤバいらしいよ!

褐色肌+黒髪ロング+コーンロウと、こちらもポイント押さえてて良いですね。カリム・ジャミルの要素にさらに「ケモミミが足りないな…」という方には、バックにレオナとジャックが控えてるという層の厚さ。褐色の供給に溺れな。

 

 

 で、ストーリー本編のお話に移るよ。

 エース・デュースとはもう『桃園の誓い』交わしていいレベルの心友(しんゆう)なんじゃない?デュースだって「俺とお前は“““マブ”””だな」って言ってたじゃん(パソストレベルMAXセリフ) 。ラインのID交換するくだりとか普通に嬉しかった。エースが「寂しくなったら連絡してきていいぜ~w」って茶化してくるくだり、やっぱ改めて『ツイステ界リア恋ガチランチング堂々の1位』だなって思いました。

『年末は、家族でターキーやジンジャーブレッドやらのごちそうを囲む』って話に、改めて欧州文化なんだなって感じた。デュースが茨城出身者なので、完全に日本のつもりでいた。『おせち食いながら箱根駅伝観る』やつとか一人くらいはいるやろ?そんでおんぼろ寮のゴーストたちのこと、大好きになっちゃうじゃん…。俺たちみんな家族だよ!!

 

  厨房で早速ジャミルに遭遇するんだけど、「いやいや…まだジャミルがジャファー様と決まった訳じゃないし、そんないきなりかましてはこないでしょ…(-_-;)」 などと思ってましたが、お構いなしに初っ端洗脳ぶちかましてきました。

f:id:ciiiars:20200918134717p:image

まあ行きますけど…。

 でももうちょっと君のこと信じていたかった!!横でグリムが一部始終見てるんだけど、そんなのも全くお構いなしじゃん。

そんで、ここまで順当だった『寮長が章ボス』っていう流れが崩れた。これでカリムとジャミルどっちがオバブロするかわからなくなった! 4章に来てちょっと変則的になったりと、やな先生の天才ぶりがうかがえますね!!!

 

そしてリズミックの背景が最高。

f:id:ciiiars:20200929233103p:image

f:id:ciiiars:20200929233120p:image

 クーーーーーーーーーーッ!!!見てこの料理のグラフィックの細かさ!チャーハンに細かい野菜入ってたり、カレーに半分に切られたゆで卵乗ってたり、食材やスパイスの彩り豊かさだったり…。ハァ……こだわり……。お手伝いするグリムもkawaiiし…。

だけどノーツの仕様は全然かわいくないです。ノーツが出現する場所追いつつ、番号確認しつつ、タイミング掴んでタップ。…って超難しくね!? しかも『GREAT』の時のグシャッて音に毎回心やられるし。

 

 カリムはボイスからもエネルギッシュさがビシビシ伝わってくる。ほんとに分け隔てなく誰にでも明るくて、サービス精神旺盛(グリムは若干迷惑がってたけど)。カリムってアラジンに登場するヴィランの誰にも該当しなさそうだよね。最初はオウムだと思ってたけど、オウムオマージュはいなさそう。

で、その後一旦席外し、戻ってきたら急に様子が変わっていたカリム。キャラ達はジャミルの序盤の動き知らないからしょうがないんだけど、それにしても明らかに怪しいじゃん!カリムが様子おかしくなるのって、決まってジャミルに連れられて席外した後じゃん!誰かひとりくらい勘づけ!

その後のジャミルの言動、こっちはあなたが怪しいの分かってるので、もういちいち白々しくて笑っちゃいます。自作自演なの知ってるからな私は!!ジャミル「ああ…なんでこんなことになってしまったんだ…!(悲観)」が絶妙に演技がかってて面白い。

 

 4章のバトルモードが『特訓』っていう程で行われるのが、違和感なくて良いね。これまで散々よくわからん因縁つけられて決闘申し込まれてきましたけど、この導入なら無理やり感なくすんなり入れる。よくわからん決闘の理由ランキング1位カルボナーラの温玉を潰したから』

 

 砂漠を行進するリズミックに像やらラクダが出てくるんだけど、これアリ王子のやつ! 魔法の絨毯で夜空デートするくだりまでしっかり入ってるし。やだ…、私ったらジャスミンになっちゃったんだけど…///

カリムくんやっぱアラジン要素しっかりある! 2章や3章で、正義側のキャラも同軸に存在してることが明らかになってたし、カリムもだいぶそっち寄りっぽい気がする。ホントになんでカリムがナイトレイブンカレッジ入れたのか謎です。

魔法の絨毯のことを、『砂漠の魔術師(ジャファー)が、かつて仕えた王様が愛した代物』って紹介されてたけど、その王様て一体誰なん!?サルタン王は魔法の絨毯持ってないし違うよね。やっぱアラジンになるの?でもアラジンは歴史上 詐欺師ってことになってたよね。え…カリム、キミほんとに誰!?

ここまで、ツイステ界のことを『ヴィラン側が成功した世界』・『正義と悪が鏡を通して逆転した世界』って解釈で見てきたけど、両者が反発しあってないことで、なんかこの解釈ちょっと違うっぽいことがわかってきた。ていうか正義・悪っていう見方がそもそも違うのかも。キャラ達は自分らがヴィランだなんて思ってないだろうし…。さらにミッキーさんご登場によって一気に謎が加速して、なんかもう考察張り巡らせすぎてわからなくなって来てるので、はやくツイステ界の真相を知りてえ。

 

  で、砂漠行進中もずっと催眠状態だったカリムだけど、グリムとの会話で急に催眠が解けた様子。『水』って言葉がキーワードになったのかな?自分の役割が来たらハッと覚めたような印象。

で、それを受けてのジャミル露骨に不機嫌になってんじゃんwww

グリムのこと急に煽って来たりwww

f:id:ciiiars:20200918134830p:image

 意外と顔に出すんですね?まあ、今いい所なのに、予期せぬヤツに邪魔されたらそら不満よな!で、翌日の行進ではカリムの催眠解けなかったんですよ。昨日の反省を踏まえて、ちょっと強めにかけた?(笑)

カリムの『少ない魔法量で大量の水が出せる』ってユニーク魔法、本人は大したことないって自虐気味だったけど、めっっっちゃくちゃ大したことあると思うんですが。慈善活動として世界中の発展途上国を回った方がいいと思う。

 

 寮生達のカリムに対する反逆心を、ジャミルが焚きつけるくだり。ここまでジャミルの目的が分からなかったけど、話の流れ的に恐らく『寮長の座』なんだろうなってことが判明して、ジャミルの狡猾さが徐々に露わになってきた。ポロッとカリムの秘密を喋っちゃうくだりとか、これも演技なのかなって思うと怖いですね。カリムの情緒不安定の伏線のために、マジフト大会や中間試験が最下位になるよう、そこもジャミルがコントロールしてたのかな。そのくらいのことやってそう。

でもって、カリムが親のコネで寮長になったって話、それかなりショックなんですが。寮生たちに支持されて登りつめたと思ってたけど、汚ねえ大人の事情が絡みまくってた。本来のしきたり通り『実力至上主義』なら、絶対ジャミルの方が『熟慮の精神』の持ち主じゃん。それは全寮生認めてるのに、立場がどうこうとか知ったこっちゃない話されたらそりゃヘイト溜まるわな。で、その臨界点ギリギリのところを巧みにコントロールする、ジャミルの敏腕っぷりに拍手喝采です。

 

 そこにやってくる不穏な魚類の影。

f:id:ciiiars:20200922112632p:plain

出た~~~~~~~!!!闇堕ちWANI○A!!

 前回まあ~お世話になりました、オクタトリオ。こやつらの登場により、さっきまでのジャミルの白々しさが一瞬で吹き飛んだ。利害関係一致しないと絶ッッッ対手貸してくれないと思ってたけど、なぜか今回すんなり味方に付いてくれることに。絶対裏あるぞ。

スカラビアからの刺客をボッコボコにして追っ払った後、

ジェイド「みなさまのまたのご来店をお待ちしております(^^)」

って誰が行くか!!今日も個性的なジョークが冴えわたってますね。3人の会話劇が一々面白くてキャッキャしちゃうんですが。

 

 そしてオクタトリオ連れてった時のジャミルの顔wwwwww

f:id:ciiiars:20200928142903p:image

そらそうなるよな…。

これまでジャミルが仕組んできためちゃくちゃな特訓法を、アズールが親切丁寧に立て直すくだり。ジャミル、うまくいってた合宿の流れをあっという間にかっさらわれて、めっちゃくちゃ不機嫌でした(笑)。ジャミルって『人格も仕事っぷりもなにもかも完璧な従者』ってイメージあったけど、思いっきり顔に出したり、気づく人には二面性バレてたりと(パソスト参照)、案外隙のある一面もあるんだね。カリムに振り回されるくだりとかも、こっちからするとおもろいんですけど、多分当の本人は相当溜まってるので、これが17年分となるとかなりのストレス蓄積されてるんだろうな…。オモローと共にちょっと心配にもなります。

にしても、アズールが自分にメリットがないことをこんな献身的にやるなんて、それだけでちょっとウケるんですが(笑)。 とんでもなくデカい要求される覚悟しといたほうがいいですね!

 

 で、昨夜と今日のカリムの様子が明らかに違いすぎて、さすがに情緒不安定ゴリ押しは無理があるって!そろそろ洗脳説疑おう寮生!オクタですらすぐ不審がってたのに、普段ずっと一緒な寮生がピンと来ないのはヤバいんじゃね?  

 

 ジェイドの『本音を喋らせる』ってユニーク魔法をくらうカリム。今回カリム精神に干渉受けすぎじゃない?流石に心配になってくるんですが。

騒動の核心を突く質問されても、ジャミルの事について口を割らなかった様子…。さらに、ジャミルが洗脳系の魔法使えるのは知ってて、でも自分がボーっとしたりする原因がジャミルにあるとは思ってないっぽいんですよね。カリム→ジャミルへのハンパねえ信頼度が伺えるたびに、心がしんどくなっていくんですが…。ジャミルがカリムを寮長から降ろしたい理由、頼むから良心的なものであってくれっ…て途中死ぬほど願いましたね。

 

 で、今回の見どころの一つに、ジェイドの陰湿をあげたい。なんか途中から、アズールのことずーっとネチネチネチネいじってんだけど(笑)。隙あらばちょっかいかけてんじゃん! もしかして、ユニーク魔法があと一歩及ばなかった事言われたの気にしてる?なんならめちゃくちゃ癇に障ったんでしょうね!ジェイドはかなり根に持つタイプなので注意が必要。

 

お待ちかねのゲス顔ジャミルです!!!!!!

f:id:ciiiars:20200928142952p:image

 ついに本性を露わにして声高らかに笑うジャミル。……好きだ…。

能ある鷹は爪を隠すっていうけど、爪どころか大鎌を隠し持っていた様子。そしてやっぱ良心の欠片もなかったです。超卑怯な裏切り者だった。ここのシーンは痺れるくらいの悪党で、ジャミルのことめちゃくちゃ好きになってしまいました。それにしても、いくら有名な学校とはいえ、一学生の内輪揉めを、まさかの全世界一斉生配信するとは。あまりの容赦なさにビビりました。

 

 この後のカリムとジャミルの会話シーン…。

やったことはめちゃくちゃ卑怯だけど、ジャミルの従者としての苦労やストレスを想うと、ちょっとジャミル側に寄ってしまうんですよね。でもこれ、カリムは境遇のせいで天真爛漫な性格がアダになったというか…、今の立場も大人たちによって仕組まれたもので、カリム本人はなにも悪い事してないんですよね。若干ジャミルの逆恨みというか、八つ当たり感あるというか…。だからってなにもここまで吊るし上げにされる必要もなかったと思うし…。とにかく、カリム・ジャミルどっちにも寄り添いにくくて、救いようのなさにモヤッとしてしまう。

 

 寮長強奪作戦がバレて、追い詰められる…!のかと思いきや逆に開き直っちゃって、オバブロするジャミル

f:id:ciiiars:20200928143041p:image

フゥ~~~~~~~~~~~~~~~~↑↑↑↑↑!!!!! !(☝ ՞ਊ ՞)☝ (☝ ՞ਊ ՞)☝

装いおっしゃれ~!これまでとはちょっと味が違ってて、わりと忠実にジャファー様の衣装に寄ってる。赤と黒のドギツイカラーリングにくすんだ金の装飾が映える~~!!髪の毛が蛇になって人外感爆上げで良きですね!そして網タイツ。見てはいけないモノを見ちゃったような気分です。ジャミルのオバブロファッション、今までの中で一番好きなかも。

これまでオバブロった3人みたいに「苦しみの果てに…」って感じじゃなく、自ら開放してオバブロったような感じ。なんかすごい愉快痛快ハイテンション!!って感じで、本来ならプレイヤーが重い心境になりそうなところを、フロイドのバリトンボイスも重なってすげー笑わせてくれます。若干ギャグパートっぽい仕上がりに。

いやそれにしても「俺はもう自由になるんだ―!!」って叫びにいろんな想い込められすぎててツラ。

 

 さらに4章は、vs章ボスが全2戦あります。1戦目はわりと余裕持って勝てたので、2戦目も準備無しに挑みました。が…、

…2戦目やたら強くね?

5ターン目くらいのクソデカビームに毎回やられて敗北なんですが。危うく「ドッカーーーン!」がトラウマになるところでしたよ。

  

ジャミルの心の内が明かされるシーン。

f:id:ciiiars:20200928143235p:image

 あの…迂闊に薄っぺらい感想言えないくらいクソ重なんですが。さっきまでのジャミル面白いわぁ~^^ 」の感情秒で吹き飛んだんだが。

カリムはジャミルと対等な関係を望んでいたし、優秀なジャミルを誇らしいと思っていた。なのにジャミルに忖度を強いて自己表現すら制圧した大人!!おい親!!!自分の立場を子供に押し付けるな守ってやれ!!!!

まあカリムも、ジャミルの様々な事情を察して立ち振る舞いを考える必要はあったのかもしれないけど、元来鈍感なカリムにへり下るように強いたのは親達ですからね。もはや人権侵害レベル。

カリムも、自分が寮長になった裏で親が手を回してたこと知らないっぽい。ねえそれも相当辛くないか!?しかも自分以外の寮生たちは知ってて、自分だけ知らないまま今後も寮長やってくんでしょ?真実知っちゃった時心死なんか!?

この二人のこじれた関係は全て大人たちのエゴが原因なので、カリムもジャミルもどっちも悪くない!!家柄のせい!!このふたりが立場に縛られず、笑ってマンカラやダンスできる時は来ないんか!?

  

 カリムの和解案をジャミル盛大にお断りするくだり、すごくよかったです。

f:id:ciiiars:20200928143407p:image

 この二人の関係性はものすごく根深いところからこじれてるので、今ここで「ハイ仲直り!」で解決する話じゃないし、ここでジャミルが『(表面上だけでも)友達になる』って選択しなくて良かった。カリム的にもジャミル的にも良い選択だと思いました。

だから外野が口出しするな~~~~~!!

「カリムが無自覚にジャミルを追い詰めた」ってディスられるくだり、なんか「いじめられたのはお前にも原因がある」って詰め寄られてるみたいで、ちょっと…ねぇ? 君らはふたりの事情どこまで知ってるん?

まあそもそもオクタ達には『彼らの関係性を良くしよう』なんて気持ちはみじんもないと思うので、ヴィランとしてのスタンスは100点ハナマル!こういう害がある面も含めてオクタトリオの良さ。改めて人気高いのが頷けるなと思った。

 

 で、多分ここらの会話で、アズールの最終目的がおそらくジャミルをオクタヴィネルに転寮させる』だろうなってことなんでしょうけど、だからジャミルをあそこまで追いつめてボッコボコにしたのかな。裏切りの全容は別に中継で明かすことなかったのに、なんでわざわざそんなことしたんだろ~って思ってたけど、多分スカラビアでの立場なくして居られなくするためだよね。う~~わ性格悪ッ!!しかも結果失敗したけど弱みはしっかり握って帰ったしな!ジェイドフロイドよりよっぽどヤバ奴じゃんアズール~~~~~~~~!!(褒)

 

 

 この後、寮生達との関係も丸く収まった風(?)で、スカラビアみんなで宴やってたけど、大丈夫ですか!? カリムもジャミル名誉ズタボロなんですが、ちゃんとフォロー間に合ってる!?

カリムのコネの件も、ジャミルの手ひどい裏切り&社会的死も、特に言及されないまま終わったのですが。寮生達からの信頼回復なしに、今後も今の立ち位置でやってくの!?しかもお家騒動問題、気持ち良いくらい全く何も解決してないしな! この点はまあ毎章おなじみなんですが、今回さらにバイパー家の社会的死も加わって最悪の後味に。頼むから生中継はアズールのはったりであってくれ。

ちょっとーーーー!!もしかしてここらの答えは次回に持ち越しですか? 4章後編配信から1か月たつけど、まだ5章の影すらないんだけど…。

まあ、もうちょっとで我々はエースのお嫁さんになれるので、地獄の心境まま気長に待つとしましょう。最後駆けつけてくれたエースデュース最高だったしな。やっぱ俺たち“““マブ”””だわ。

 

 

 

金沢市に住みたい人生

 

 

 6月に石川県金沢市に遊びに行ってきたよ!

移動自粛も休業も解除されてだいぶ落ち着いたころだったから、観光地にも少しずつ人が戻って来てました。やっと元の活気が戻り始めてきたのかな…と安心した矢先、第二波の影響で再びピリつきそうな感じです。

 

そんな辛気臭い気持ちは置いといて、楽しかった金沢旅行の思い出を書いてく。

金沢って北陸最大の商業都市だけど、加賀百万石の歴史的街並みや建造物も残ってるし、伝統工芸や現代アートが盛んで質の良い文化が揃い踏みだし、地域によっては雄大な自然を楽しめて、食事も海の幸山の幸が豊富なんですよね。

新幹線も通って旅行客も増えてるし、観光業に力入れてて行きやすいです。

 f:id:ciiiars:20200727200731j:image

世界でもっとも美しい駅に認定されたらしい金沢駅です~。これの向こう側から撮ったやつが、よく観光マップとかに載ってる景色なんですよね。ガラスドームの駅構内もすごいよ。

 

で、まず兼六園に向かった。一緒に行った祖母の希望だったんだけど、私は中学生ん時に遠足で来た以来だった。地元民に「兼六園行ったよ」って話すると、9割が「〇学生以来だわ」と返してくる。子供の頃連れてかれることに定評のある兼六園

 f:id:ciiiars:20200727200543j:image

f:id:ciiiars:20200727185517j:plain

昔来た時は「超つまらん」と思ってたけど、大人になって来てみると風情を感じられていいね。風の音が気持ちいいし、苔や大木がアートみたい。

浴衣着て遊びに来てる若者もいて、素敵…/// て思いました。男子大学生(?)の団体は、みんなで竹笠買ってお揃いでかぶって散策してた。ディズニーのお揃いカチューシャみたいなノリで。一人だけ大人用足りなくて、キッズ用の頭にぴったりサイズかぶってて笑った。全く日よけできてない。

 

おばけみたいな木あって、存在感に圧倒されました。

f:id:ciiiars:20200727185701j:plain

 ちょっと怖い。

 

 香林坊のあたりでバス降りれば、兼六園・美術館・金沢城・片町・にし茶屋街・武家屋式跡とか、徒歩圏内であちこち観て回れるよ。

 

次に金沢21世紀美術館行った。ワタクシ21美の大ファンで、しょっちゅう遊びに来てるんですよね。アートのことはよくわからんけど(わからんのかい)、なんか心にグッとくる現代アートが展示されてます。時期によって展示内容変わるから、事前に調べて好きな催しやってる時に行った方がいいかも。ちなみに毎週月曜定休日なので要注意。私何回も定休日に行っちゃってるから。

 

中は真っ白な壁とガラス張りの構造で、不安な気持ちになります。フリーホラーゲームみたい。無料で入れるスペースもあって、そこだけでも結構楽しめるよ。有名な3原色の建物や、プールのすごいやつは無料で観覧できる。

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=30&d=7

↑プールのすごいやつ

 

f:id:ciiiars:20200727200623j:image

今回行った内藤礼展は、私の乏しい感受性では受け止めきれないような世界観でした。「なんかわからんけどスゲー」を連発しててバカまるだしだった。

ちなみに過去やってた展示の「なんかわからんけどスゲー」はこんな感じ。

f:id:ciiiars:20200727225600j:plainf:id:ciiiars:20200727230240j:plain

f:id:ciiiars:20200801235447j:image

なんかわからんけどすごいっしょ?作品解説読まないと理解できないし、なんなら読んでも分からん。凡人の私には理解できないような世界観や表現力に、毎度圧倒されます。

 

泊まった『彩の庭ホテル』がすごくきれいで設備も良いホテルだったので、超おすすめ。部屋も和モダンな雰囲気だし、金沢の伝統工芸があちこちに展示されてた。アメニティにも金沢のヒノキや金箔が使われてて、どこまでも金沢を味わうことができる。

デリバリーした寿司が激うまでした。日本海側の魚は最高やね!!ネタ大きすぎて5貫で腹いっぱいになった。

f:id:ciiiars:20200727200819j:image

 

 朝食バイキングの最高加減を見てください!!!

f:id:ciiiars:20200727201110j:plain

地元の野菜や魚を使ったメニューが盛りだくさん!!目の前で焼いてくれるオムレツが最高。新鮮なお刺身もいただけるよ。彩りも良いし食器も素敵だし、目でも楽しませてくれる。石川県って『旅行先での食事満足度ランキング』全国1位らしいよ。

f:id:ciiiars:20200727200827j:plain

改めて写真見返すと食いすぎだな。いまだにバイキング行くと強欲っぷりを発揮してしまう。


翌日行った、妙立寺(みょうりゅうじ)。

f:id:ciiiars:20200727200835j:plain

ここほんと良かったからめちゃくちゃオススメです!!正直お寺巡観あんまり興味なかったんだけど、マジで面白かった。妙立寺は、いざ敵に攻め入られた時のために様々なカラクリが用意してあったことから、『忍者寺』って呼ばれてるらしい。結局戦火にあわずにすんだので今もそのまま残ってるみたい。

そのカラクリがほんとすごくて、『入ったら二度と出てこられない部屋』とか『4階へ続く秘密の階段』とか、ドキドキが止まんねえよ!!案内のお姉さんのガイドもまた巧みなもんだから、毎回驚きの連続。華麗にトラップを披露するシーンとかみんなでキャッキャしてしまいました。小5スピリットをお持ちの方は大興奮間違いなしだし、そうじゃなくても、先人が知恵と工夫を凝らして生み出したカラクリの数々は、生で見たら感動すること間違いなし。

妹が『切腹部屋』の存在に戦慄してて面白かった。それ専属の部屋って考えると背筋凍る。

 

f:id:ciiiars:20200727200843j:plain

妙立寺付近の道の入り組み方がハンパねえんですが。この道どう運転したらいいの…?金沢人な知り合い曰く、金沢は空襲にあってないので昔の道がそのままらしいよ。なので「ここ車道!?」て道たくさんある。またそこが趣きあってグッとくるわけなんですが。最高にノスタルジック。

 

そして寺カフェなる最高に情緒あふれるカフェにやってきてしまいました。その名の通りお寺をカフェに改造してる。お寺を改造っていうか、もうそのまんまお寺です。日本家屋な室内におしゃれなテーブルが鎮座してて、そのちぐはぐ加減がたまらん。

f:id:ciiiars:20200727201039j:plain

f:id:ciiiars:20200727201031j:plain

f:id:ciiiars:20200727201046j:plain

最高じゃな〜〜〜い!?

すごく落ち着けました。畳に寝っ転がりたい。

そこでいただいたクリームあんみつやクリームソーダも素敵。

f:id:ciiiars:20200727201120j:plain

駅前などの中心部は商業都市化してるけど、歴史的な建物はちゃんと残しつつ現代人向けにアレンジされてたりして、町おこしの大成功例ですよね。

 

マニアに激刺さりしそうな階段を見つけたので、シェアします。竹の生い茂る先に佇む階段。

f:id:ciiiars:20200727200810j:plain

突然現れたからびっくりした。

つい最近建てたであろう建物・20年ほど前っぽい建物・100年くらい経ってね?て建物が入り乱れてて、愉快な光景です。

 

あとは駅前でショッピングしたりして、金沢旅行満喫しました。

 

次は能登や白山の自然を満喫したいな。今年は中止なんだけど、七尾で開かれてる石﨑奉燈祭っていう激アツな祭りも行ってみたいんですよね。来年は無事開かれるようなら、絶対見に行く!!

 

 

ツイステたのしい日和part4 〜オクタヴィネル編〜

 

 

 

 どうもこんにちは。ツイステはゴーストマリッジイベ絶賛開催中!初っ端ビンタかまされるレオナさんに大喜びしちゃった。こないだまで妖精になりきって華麗に舞ってたというのに…。おかげでジャックくんピックアップガチャで沼った傷も多少癒えました。

 

というわけで、第3章プレイしたから感想書く。ネタバレ注意!!

前回がこちら 

ciiiars.hatenablog.com

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

第3章『深海の商人』

 

★大雑把なあらすじ★

学園は期末試験の時期に突入。横着をしてテストで良い点を取ろうと目論んだ生徒 総勢200名あまりは、オクタヴィネル寮長アズール悪徳商法にハマってしまい、絶対服従の下僕にされてしまった。その中には、監督生の友達 エース・デュース・グリムの姿も!彼らを自由にするという条件で、今度は監督生がアズールと不利な契約を交わしてしまう。契約の条件を満たすため、仲間たちとアズール一派に挑む監督生。しかしあっちも契約違反させようと、あの手この手を使って邪魔してくるぞ!このままでは担保に預けたおんぼろ寮までぶんどられてしまう。どうする監督生! てな感じ。

 

『腹黒インチキ野郎』の名をほしいままにするアズールと、彼が率いる 暴力・ゆすり・尋問なんでも行使で債務者を震え上がらせるウツボ兄弟。この地獄トリオに挑む、闇金ウシ○マくんよろしくな肝冷えストーリー。 ここだけ世界観違ってて笑う。そんな感じだけど、ストーリーは今までで一番好きかも。めちゃくちゃ面白かったです。vsオクタ寮の怒涛の展開と緊張感が楽しいし、2章同様「闘い終わればダチだぜよ」の法則に乗っ取り、前回相当かわいがってくださったサバナ寮生が、今回ではかなり頼もしい存在に。レオナさん、前回の騒動を経て少しは丸くなったのかなと思いきや、改心する気全くなし!逆に急に改心されても困惑するけど。

 

てなわけでニューフェイスのご紹介。

 

アズール・アーシェングロット

f:id:ciiiars:20200710115649p:image

オクタヴィネル寮長の2年生。本来タコの人魚なんだけど、薬か魔法かなんかで人間に姿を変えているという、おいしすぎる最高設定。(運動以外は)成績優秀で模範的な優等生。しかも学生雇ってラウンジの経営までやってるらしくて、この学園で誰よりも社会力ありそう。絶対17歳じゃないだろ。その背景からか、守銭奴で小賢しく計算高い。普段は物腰丁寧で礼儀正しいけど、結構感情剥き出しにすることもあって、実はオモローな人なのでは…?と気づいた時には完全に好きになっていた。わざとらしく演技がかった喋り方する時とか、教師の前で分かりやすく声のトーン上がるのとか、いちいち良いキャラしてる。声優のすごさを感じます。

そしてなによりオクタは寮服が天才。2章で初めて寮服見たとき、商談帰りかと勘違いした。指し色や付属品で遊びも取り入れてて、全ヲタクの心に刺さる。スーツの裏地・シャツ・ストッキングって指し色統一してるの天才すぎんか…?ハーツ寮サバナ寮って見てきて、ここで急にフォーマルなのもイメージにぴったりで良きですね。

 

ジェイド・リーチ

f:id:ciiiars:20200710115801p:image

アズールの補佐的立ち位置の2年生。学生たちが陰で囁く「オクタヴィネルの双子」の片割れ。ジェイドの方が先に自己紹介したりするから、こっちが兄貴だと勝手に思ってた。明言されてないけど、どっちが兄貴でもグッとくる。こちらはウツボの人魚。ウツボってタコ食べるらしくって、彼らの好物もしっかりタコ料理なんだけど、アズールがその点どう思ってるのか気になる。あの…横にいらっしゃいますが…まさか食う気じゃないよね…?

最初2章で兄弟揃って出てきたとき、ジェイドは紳士的で温和な雰囲気だったから、暴走する相方をたしなめてくれると思ったんですよ。そしたらまぁ~~ヤバ奴だった。多分ジェイドの方がヤバい。ニコニコしながら裏で手を引いたり唆したりする、腹黒陰険BOY。アズールみたいに感情的になったりもなくて、何考えてんのかマジで読めない人。単に楽しいこと好きらしいけど、楽しいの価値基準がおかしい。そのガチヤバ加減にドハマりしてしまう。

 

フロイド・リーチ

f:id:ciiiars:20200712113139p:image

グリムがふたりのこと「そっくり兄弟」って言ってたけど、顔はあんまり似てないよね?

アズールやジェイドと比べて、拙く子供っぽい喋りや立ち振る舞い。飄々と掴み所がなく、喋りかけられるとソワッ…とする。彼の言動にすごく生理的恐怖を感じさせられて、声優さんの演技力すげーって思う。基本明るいけど、たいそうな気分屋で波が激しく、リアルに躁鬱じゃないかと心配になる。オクタトリオの拷問枠で、笑いながらぶん殴ってくるタイプ。多分ツイステでNO.1 血しぶきが似合う男

寮服きちっと着こなしたジェイドと並ぶと、フロイドの着崩し方のvery good👍加減がより際立ちますね!スラックスの裾が若干短いのが大天才すぎるので、これまでの暴挙とか帳消しにしてしまいます。特に最高ポイントが、制服時のストッキングを髪色と合わせてるところ。やな先生ーーーッ握手してーーー!!!!!

オクタトリオ靴もめちゃくちゃおしゃれなんだよね。クゥ~~!!

f:id:ciiiars:20200712001154j:image

 

オクタ3人合わせた時のキャラ立ちがエゲツナイ戦闘力。ツイステの看板トリオだと思ってる。

 

 

 まず3章初っ端からエース・デュース・グリムのやり取りがイヤ~な予感だと思ってたら、時すでに遅し。大馬鹿者めがーーーーーー!!!まあこいつらならやりかねん…って思いましたが、せめてデュースは…おバカだけどそこらの道徳観は備わってると思ってたのに…。

アズールに『自慢の魔法を一時的に預ける』だけで評判の試験対策ノートがもらえるなんて、そんな win-lose な取引があってたまるか!例えば『暗記力の上がる薬』とか『カンニング薬(カンニングすな)』とか確実性のあるものと取引するならまだしも、自分の頑張り次第で結果が左右するものだから文句付けられないじゃん。しかも一定数ちゃんと契約成功者つくるあたりが用意周到。アズールのやり方、結果だけ見ると詐欺だけど、契約の手順や取引内容には不正がないところがやっかい。粗を突こうにも全部言いくるめられちゃうくらい抜かり無いし、力で押し切ろうもんなら恐怖の双子を召喚してくるし、やり口が堅気じゃない。

 

奴隷になった生徒の頭にクリーチャーみたいなのが生える。3バカトリオ、どこまでも和ませてくれるな…。強制連行されるシーン手叩いて笑っちゃったわ。

f:id:ciiiars:20200710120149p:plain

イソギンチャクの下僕って呼ばれてたけど、イソギンチャクをナメるな!モノによってはガチヤバなのもあるんやぞ?(捕食シーンにトラウマを抱えし者)

 そこに現れました、救世主ジャックく――――――――――――――――ん!!!!!!エース・デュース・グリムのこと公式で3バカ呼ばわりしてて笑った。ジャックくん相変わらず素直じゃないので、ちょっと褒めるとすかさず「かっ、勘違いすんなよ!」ってツンデレしてくる。言うか…?言うか…?はい言った~(*^▽^*) ってキャッキャした。殺伐とした3章に突如一輪の花が咲いたようですね。

持ち前の意識の高さを振りかざしオクタ寮に挑んでくれるんだけど、安定のド実直ピュアネスジャックくんなため、なかなか踏んだり蹴ったりで思うようにアズールの欠点暴けない。

アズール「ラララ~♪( ´θ`) ッラララ~~~~♪( ´θ`)」

ジャック「歌うめえ!」

アズール「ニャーゴニャーゴ」

ジャック「動物言語すげえ!」

なにこの敵情視察。ただの授業参観じゃん。ジャックくんひたすらアズールの優秀っぷりに感心してて、……クッ……進まねえ……はやくレオナさん呼ぼうよ……。

 

 食堂でリーチ兄弟に唆されるくだり、マジコワだった。間違いなく裏があるって分かってるのに、誘いに乗らないと八方塞がりのままっていう状況~!不愉快~!!フロイドが他人を海の生物に例えてあだ名付けてくるんだけど、監督生は「小エビちゃんで、もしかして食う気じゃないだろうなってビクビクした。そんな怖い顔してないで一緒にお昼ごはん食べようよ~!

f:id:ciiiars:20200710115912p:plain

フロイド、普段は歯出して狂気的な笑み浮かべてるのに、悪巧みしてるシーンでは急におすまし顔になるの何なん!?ジェイドはその逆で、多分意図的にそういう演出にしてるんだろうなって思う。くぅ~~双子〜ッ!

 

 モストロラウンジで身体中泡だらけにして皿洗いしてるグリム、めちゃくちゃかわいい。そのリズミックもほしかった。3章のリズミックオシャレですごい楽しかったです!BGMもタップ音も好きだし、背景のアニメーションもかわいらしい。運んでる料理の細かさにテンション上がりっぱなし。後々調べたら、ディズニーのリトルマーメイドカフェで実際出されてたメニューらしいです。最高ッ!!

f:id:ciiiars:20200710120700p:image

フロイドがオーダー回したり従業員に指示してたり、意外にも敏腕なところが普段の感じとギャップあって良き。そしてそこに登場するアズールの『悪の親玉感』ハンパないです。3人ともキャラ立ちが突出してるので、シリアスシーンが一周回ってギャグに見えてしまう。 

 アズールのユニーク魔法、下手したら服従や脅迫に使えるし(実際最悪の事態に陥ってるし)、学内でホイホイ使わせちゃダメなやつだよね。前回のレオナさんは余裕で人殺しできる魔法だったし、何かしらの制限絶対必要だと思う。まあユニーク魔法も千差万別だから、規制かけようにもなかなか難しいのかもしれませんが…。良く使うも悪く使うも本人の倫理観に任せてんのかな。だったらこの学園は余計規制かけろ!!

 

 で、宿無し監督生の元に駆けつけてくれるエース・デュース・ジャックにジーンとする。同級生の友情って熱いよね。エースなんて初期はあんなに意地悪な煽り屋だったのに…。エースが「ハーツ寮だと俺かデュースと同じベッドになっちゃうしなぁ……、あ、そっちの方が良かった?な〜んてな!」とか言ってくるんだけど、ちょっと…エースあんたサラッとそういうこと言ってきてさ…、完全にプレイヤーを乙女の気持ちにさせにきてるじゃん…。普段意識してない友人が、冗談か本気かそれっぽいこと言ってきてから急に気になっちゃうやつじゃん。

 まさかまさかのレオナさんのお部屋に宿泊することになった時、え!?いいの!?本当にいいの!??て騒いでしまいましたね。前章であんなにワルだったのに、物理的距離一気に縮めすぎじゃない?

そんで大好きなあいつらと再会を果たしました  ↓

f:id:ciiiars:20200710120813p:image

世紀末ブラザーズと早く仲良くなりたい。ジャックくんってブラザーズと並ぶと、服装も体格も肌の色もまるっきり一緒なんですよね。服装は模範的な着方してるだけだろうけど、もうちょっと身体つきにオリジナリティください!

ラギーくんがレオナさんをうまいこと言いくるめてるシーン、レオナさんぐうの音も出てなくて面白かった。この反応見るにちょっとだけ反省してるっぽいね…?

 春に開かれる『マジフト学園対抗戦』で、ナイトレイブンカレッジはライバル校に99年連続で負け越してるらしい。ジャックくんが「ライバル校のプレイは見事な連携技だった」って言ってんのに、その数秒後には「どうやって他人を蹴落として学園代表の座を奪うか」って言ってるレオナさん。その発想が負け越しのコツなんじゃね?もう既にチームプレイする気ないだろ。根本的なところから見直せ!

 

 で、ウワサの第3章目玉シーン。f:id:ciiiars:20200710120853p:plain
f:id:ciiiars:20200710120918p:image

怖すぎて絶叫しちゃった。海の中っていうただでさえ閉鎖感のある状況下で、兄弟が本気モードで排除しにくるとか、こんなん完全に詰みじゃん。

プレイ時は状況がアレだったので恐怖が勝って直視できなかったけど、冷静になって人魚リーチ兄弟観察したら、キャラデザめちゃくちゃ痺れるじゃないすか。肌の色とか模様とかぐう最高。モブ人魚は上半身人間スタイルなのに、この2人をあえて機能性重視の魚人スタイルにしたのは強い。お飾り設定じゃなくてガチのやつ。ゴリゴリと性癖がえぐられる音がする。

 

 レオナさんに知恵借りるくだり、安定の黒い魂胆ありありもはや安心したわ。まだ知り合ってそう長くないけど、「あ、そうですよね」ってしっくりくる狡賢さ。でもってそのレオナさんの案をまんま実行する1年生組、素直すぎんか…?そんななんの対策も無しにぞろぞろと忍び込む?ほらアズールも契約書数えながら「1枚…2枚…3枚…www」ってワロてるやないか。しかもジャックくんの尻尾がはみ出して丸見えっていう超恥ずかしい大失態。せめて「気配でバレてますよ」程度にしといて欲しかった。ちょっとジャックくーーーーん!!!これはジャックくん込みでズッコケ4人組に改名か…?

そして兄弟に追い詰められたところで実感する、確実な“““死”””。と思ったらフロイドとアズールがなんか喧嘩してて、こいつらでも年相応にブチギレたりするんだぁ(^^)てほっこりした。しかしその間のジェイド、「逃げちゃいますよ」じゃないよ!見てたならとッ捕まえろ!ここらのくだり全部込み込みで楽しんでるだろ。

フロイドのユニーク魔法、強烈なキャラのわりに案外用途が限定的なんだなと思った。相手に攻撃されない限り発揮できないよね。今んとこアズールブチギレさせてるところしか見てないけど、次章でめちゃくちゃかっこよくキメてくれることに期待。

 

 そんで物語は佳境に。サバナ寮生に荒らされるモストロラウンジ、ほんと気の毒でならんわ(笑)。世紀末 × 小洒落たラウンジって一生かけ合わさることのない文化なのに…。今回の一番の被害者は間違いなくラウンジの従業員です。彼らに罪はない。

ラギーくん、ここでユニーク魔法使うのか…!?と思ったらまさかのスリの方でした(笑)。これまで諸先輩方のユニーク魔法に助けられてきたけど、今回は手癖の悪さに助けられた。で、前からすごい気になってた『レオナさんの契約の詳細』知る機会なくなってしもうた。未だにレオナさんが2章で最終的にどうしたかったのかが分からなくて悶々としてる。優勝して実力を正当に評価されることだったのか、それともマジフト大会はただの口実でなにか別の目的があったのか…。いずれ王位を奪うことが頭にあるはずだからそのための布石なのかな。そのうち明かされるといいけど、どうでしょうか…。

 

  アズールとレオナさんの直接対決のシーン、レオナさん下手したら2章の時よりよっぽどワルなんですが(笑)。悪には悪をもって制すなツイステ式断罪タイムなわけですが、結構私情丸出しで何もそこまでしなくても…ってちょっとアズールに同情しちゃった。でもアズール側も、『契約』のルール守ってるし一見正当なようだけど、ハナから達成させる気ない搾取するための罠だったわけだから、ここでの善悪問答は愚問ですね。エゴとエゴの殴り合いで生命力感じるわ~

f:id:ciiiars:20200712115556p:plain

ヒステリックに喚き散らすアズールの画像、汎用性めちゃくちゃ高い。そしてレオナさん、フロイドに「だらだら寝てばっかのトド」って言われてて爆笑しちゃった。

f:id:ciiiars:20200712115620p:plain

魔法の使い過ぎによって、下半身タコの半魚人にオーバーブロット!!俺たち大興奮!!超カッケ―じゃん!!(小5)

オバブロの姿が実装されるの日々待ってます。

1章2章ってオバブロ後にちょっとセリフあったりしたのに、今回はオバブロして秒でバトルモード入りましたね。オバブロ後の邪悪ボイス聞きたかった!

 

 幼少期に落ちこぼれだとイジメられ、その憎しみを糧に自力で勉強して超強力ユニーク魔法作り上げた…って、めちゃくちゃすごくない?恨み辛みを真っ当なベクトルに変えられるのは相当芯が強いと思うんですが。努力の才もだけど、そのあまりの執念深さに拍手喝采です。契約書なくなったとしても、アズール自身を支える根幹がなくなった訳じゃないから、きっと君の未来は明るいさ!

リーチ兄弟とアズールの関係性、てっきりビジネスライクでアズールが兄弟引き連れてんのかと思ってたけど、兄弟の方がアズールのエンタメ性とか人間性に惹かれて好き好んでつるんでるって感じで、面白い関係性だな~と思った。多分この二人もアズールが変わらない限り付いてきてくれると思う。

 

 中学生アズールとリーチ兄弟、今よりちょっと声高くて、声変わりしたてなんだね…(^^)ってほっこりしました。ところでおデブアズールめちゃくちゃ愛でたい。絶対かわいいじゃん…。おデブ時代の話されて狼狽えてるアズール、やっと年相応に感じました。しかもリーチ兄弟とこのことで秘密保持契約結んでるっていうのに、二人ともガンガンいじってくるじゃん(笑)。ジェイドは間違いなく確信犯だし、フロイドなんか「おデブ時代は今より食べでがありそう」とか言ってて、ほらやっぱり食う気じゃねえかーーーー!!!やっぱオクタトリオお笑い枠だよね!?

 

で、最後はおなじみの打ち解けTIMEなんだけど、リーチ兄弟と過去最速の距離の縮め方してる。こないだまで家押収してきた相手とは思えん笑顔向けてくるじゃん。アズールが契約書砂にされた件、わりと吹っ切れてそうだった。とんでもない復讐されるんじゃないかと思ってましたが…。っていうか逆に「もういいんだ!?」て感じ。あの執念深さを誇るアズールがこんなあっさり見逃してくれるなんて。…いやそんなはずない…絶対なんかあるぞ…。

アズールに向けての監督生のセリフ選択肢、久々にまともなのがきたよ!お前良いこと言うじゃん!アズールも心動かされてたようで良かった。アズールの実力はもっともっと褒めて、自己肯定感高めてあげよう!でもプライドはバリ高だから塩梅には要注意!

f:id:ciiiars:20200714005714p:image

監督生くん、たまに「はぁ?」ってレベルのデリカシー皆無人でなし選択肢出してくるから、選ぶの億劫になるときあるからね?最近特に強気だから気をつけな?まあ別にツイステは選択肢でストーリー左右しないけど、これが薄○鬼とかだったら完全に死亡END行きだからな?

 

 最後みんなでモストロラウンジ行くくだり、あの物語中盤の殺伐とした感じからは想像もつかないよね。そんでオクタトリオのポイントカード導入や新店舗の話とか、やっぱ君ら抜群に面白いわ~!個性が突出しすぎてて、ちょっと怖いくらいです。いや~ほんといいキャラしてる。ていうかアズール、さっきから見上げた不屈の精神だな…?サバナクローにおいでよ。

最後のリズミックで、ジャックくんが颯爽と画面外に消えるんだけど、どこ行くん!?って気になってリズミックどころではなくなった。お、お手洗いかな…?

 

でさぁ、グリムよ……お願いだから石食うのもうやめよう?レオナさん引っかかる節あるなら止めてやってくれや…。もうこれ以上相棒が蝕まれていくのは見たくないんや……。

ツイステどのストーリーも楽しいけど、グリムの件だけ唯一楽しくないです…。一気に病む…。

 

 

ツイステたのしい日和part3 〜サバナクロー編〜

 

 

どうもこんにちは。

ツイステは只今フェアリーガラのイベント真っ只中!褐色肌の健康優良児たちが、儚げな妖精さんになりきって尻をビシバシしごかれる、とっても楽しいスポ根イベント!!スーパーイケメンモデルのヴィル様と、ドS美青年クルーウェル先生の絵面が潤しすぎて、画面を直視出来ないこと間違いなし!こっちも感想かけたら書きたいな〜。

 

 

 以下から第二章のネタバレ有り感想。

前回のハーツラビュル編はこちら↓

ciiiars.hatenablog.com

 

 

ネタバレ注意!!

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

第二章『荒野の反逆者』

 

★大雑把なあらすじ。★

ツイステ界で熱狂的人気を誇る団体スポーツ『マジカルシフト』通称マジフト。マジフト強豪校のナイトレイヴンカレッジでは、来たる10月に寮対抗マジフト大会が開かれることになっていた。各寮が選手選抜を間近に控える中、有力候補の生徒が次々と怪我をする事件が勃発。学園長の頼みで、犯人捜しをすることになった監督生たち。事件を突き詰めていくうちに、サバナクロー寮の陰謀が見え隠れする。果たして彼らの悪事を止めることはできるのか…!?

 

という感じの、一歩間違えたら警察沙汰な傷害事件の物語。章が進むごとに、トラブルの悪質レベルが上がってきてる。今回はサバナクロー寮vs監督生一派な 終始殺伐とした雰囲気だから、1章みたいに皆でケーキ作ったりお茶会したりなほっこり展開はありません(笑)

 

 2章で登場するサバナ寮は『ライオンキング』がモチーフなだけあって、ケモLv.1程度の獣人間のパラダイス! 獣耳・尻尾・牙で大賑わい。そしておそらく学園内で最も生徒のタチが悪い寮。大会前のピリピリ&縄張り意識のせいで、他の追随を許さない圧巻のガラの悪さ。ここだけ世紀末みたいな感じ。

f:id:ciiiars:20200610225023p:image

北斗の拳の雑魚みたいなのがうじゃうじゃいます。

そしてワタクシ、獣人の4つ耳を絶対許さないオタクなので、このゲームの獣人はちゃんと機能性重視な2つ耳という点で最高です。本人の同意なしに機能性よりキャラデザを取るのは、何があっても許さん 卍

輪郭を髪の毛で覆ってるキャラが多いんだけど、ジャック君は天才なので横髪垂らしてないんですよね!!

f:id:ciiiars:20200610233343j:image

本来人間の耳がある部分までしっかりモミアゲで覆われてるのが見えて、「うんうんそうだよね~(^^)そこに耳が無かったらその部分はそうなるよね~(^^)」って思います。ちゃんと自然の摂理に乗っ取った形態をしてて、生命の息吹を感じる(?) どのキャラも ビックリしたりしょげたりすると、表情と一緒に耳が大きく動くモーションが入ってて、そこばっかりに注目してしまう。

 

獣人談議はここらへんにして、ニューフェイスのご紹介。

 

レオナ・キングスカラー

f:id:ciiiars:20200610225313p:image

サバナ寮の寮長を務める3年生。ライオンの獣人で、出身地では王族の第二王子というロイヤルファミリーご出身。どえらい尊大な態度で寮生を率いる、狡賢い知将。ここだけみると地位もカリスマ性もあってカッコいいんだけど、基本怠惰な人で、サボり癖のせいで何年か留年してるらしい。その生い立ちからか、「本気になるだけ無駄」って思ってるきらいがありそう。

どの衣装でもわりと露出度高いのがポイント。横腹出てるやつとかあって、ちょっと無防備じゃないすか…?さらにサバナ生、寮服の時にハーフグローブ身に着けてて、ハーフグローブ大好き芸人なのでめっちゃくちゃテンション上がってます。

 

ラギー ・ブッチ

f:id:ciiiars:20200610230117p:image

レオナ先輩の世話係を務める2年生。ハイエナの獣人で、大きな耳がチャームポイント。語尾の「~ッス」と、「シシシッ!」っていう特徴的な笑い方が愛くるしく、一見取っ付きやすそうだけど、実際はそんな事なかった。小賢しく立ち回る、レオナの参謀。レオナにめちゃくちゃ使いっ走りにされてるけど、どうやらそれなりに報酬もらえてるみたいですね。あくまで利害関係の一致で行動を共にするっていうあっさり具合がいいですね。 『愚者の行進(ラフ・ウィズ・ミー)』っていう、「相手に自分と同じ動作をさせる」ことができるユニーク魔法を使う。今回起こる事件の実行犯がシルエットだけ出てくるんだけど、大きな耳と「シシシッ!」という笑い声。さて犯人はどこの何ブッチなんでしょうか…?

あと、ラギーくんの制服の着崩し方がドンピシャ。「チラ見えする黄色ラインのくるぶしソックス」が最高。この絶妙な色味のローカットも最高ですよね。高校生!って感じで。ツイステ界No.1イエローが似合う男。

f:id:ciiiars:20200610233354j:image

 

ジャック・ハウル

f:id:ciiiars:20200610225512p:image

サバナ寮の新入生。狼の獣人で、デフォルメで大きな尻尾をぶんぶん振り回しててほっこりする。曲がった事や不誠実が嫌いで、なんでもド真面目に正々堂々と挑む、ツイステ界きっての聖人です。こんな素晴らしい子がこの学園に在籍してていいの?不正行為絶対許さないマンなので、レオナ率いるサバナ寮に背くことに。

【before】俺は誰ともつるむ気はねえよ  【after】か、勘違いしてんじゃねえ!誰がお前なんか…! っていう、テンプレート・ツンデレをお見舞いしてくれるので、まんまと好きになってしまう。さらに真面目すぎるが故若干天然気味で、ハッキリ言って大好きです。

 それとサバナ寮みんな名前の響きが気持ちよくて良きですね。声に出して読みたい。

 

件のマジフト大会だけど、ここ数年はディアソムニア寮があまりに強すぎて、ランキング争い飽和状態らしいよ。点差開きすぎる試合は見てられないですよね。スラムダンク27巻を思い出す。

寮長会議で学園長が出した、「公平を期すため、マレウス選手を殿堂入りにする」っていう提案に、真っ向から反対するレオナさん。この時に「あれ、もしかしてこの人意外と熱い…?」って思っちゃった自分がバカみたいですね。殿堂入りにしちゃったんじゃ悪巧みを果たせないわけだし。黒い魂胆無くして動くやつはこの学園にはいないと思っといた方がいい。

そして、オクタヴィネル寮長のアズール。クッーーいいキャラしてるぅ~~!!!

 

 その後、各寮の優秀な選手候補がこぞって怪我をし、その犯人を監督生に探させる学園長。なんで~~~!?しかもこっちに断る選択肢一切与えてくれないじゃん。生徒のいち早い安全より、大ごとにせず身内だけで落ち着ける方を優先したらしい学園長。コラーーー!!親が親なら子も子って感じですね!………嫌いじゃないよ☆ミ

 

ところで ゴーストたちやケイト先輩に「グリ坊」やら「グリちゃん」って呼ばれてるグリムかわいすぎ。モンスターってことで学園内では異質な存在なんだけど、先生や生徒がフツーに「グリム」って呼んでるの見てキュン…///てします。生徒の一員として当然に扱われてるのが嬉しい。

f:id:ciiiars:20200610225522j:image

バトル中のくつろぎ(?)モーションがバチクソ可愛くて頭抱えちゃう。

 

 トレイ先輩の怪我の件もあり、ハーツ寮のみんなが犯人捜しを手伝ってくれることに!前回ブチギレかましてたリドル寮長や、食えない奴だったケイト先輩も、ここでは「仲間がやられてるんだから当然だ」みたいなこと言ってた。彼らにも人情深い一面があったんだな。ま、エースデュースはその横で、空いた選抜選手枠に俄然やる気が湧いてるわけですが。この2人(&グリム)の『うまい話にすぐ食い付くくだり』は、もはやツイステ名物の一つですね。

デュースがトレイ先輩の事「同寮(おなりょう)」って言うんだけど、同中みたいなノリで言うな(笑)。しかも彼が諸事情で持参したピンクの衣装が、どピンクヒョウ柄だったらしい。茨城出身説が濃厚になってきました。

 

リドルがポムフィオーレ寮のこと「ちょっと変わってる」って言ってたけど、めっちゃくちゃオモローな人達じゃん(笑)。モブ生徒も、モブのくせにキャラが濃すぎる。彼らは今後もレギュラー出演決定です。私も早くポムフィオーレ寮生になりたい。

そしてオクタヴィネル寮の双子、怖すぎ。ひとりはヘラヘラした暴力的タイプで生理的恐怖を感じるし、もうひとりは穏やかに見えて騒ぎを楽しんでる陰険野郎だし、もうマジでヤバい連中。うさん臭さ代表のアズールと双子の掛け合わせ、一体どんだけ面白いんだ。3章めちゃくちゃ楽しみ。

 

 例のサバナ寮に潜入します。サバナのBGM、毛色がガラッと変わってかっこいい。

サバナモブに悪絡みされてるところに、レオナさんとラギーくんが登場!かっこよく追っ払ってくれるのかと思いきや、「ここは穏便にマジフトでボコろうぜw」みたいなこと言いやがる。マジフトって銘打てば、魔法使っての喧嘩も校則違反にならないらしい。レオナさんなんてみみっちいんだ。

ここに「弱い者いじめするんじゃねえ!」って止めに入ってくれるジャックくん!!!ジャーーーーーーックくーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!信頼できるのは君だけだ!

素人を総出でボコすっていうどう見ても異様な光景なのに、止めてくれるのがジャックくんだけ。倫理観どうなってんのこの寮!?ラギーくんって、暴走するレオナさんを宥めたりしてるイメージあったけど、悪事には割と全面的にノるんだね。イイじゃん(惚)

 

そして、みんなが恐れてるマレウスさんとちょっと仲良くなっちゃう監督生。さらに「ツノ太郎」というナメたあだ名までつけてしまう(グリムが)。グリムが提案したあだ名に対し、「イイネ!」と「それはさすがにちょっと…」て選択肢があるんだけど、どっち選んでも結果ツノ太郎になることには変わりないです。どうあがいても避けられないツノ太郎の運命。

 

 レオナさんがこの計画を実行に至った訳、これまでの雪辱を果たすとか寮生の為だとか言ってたけど、でもそれで望む結果が得られたとしても 素直に称えられるものじゃないよね。「有力選手多数欠場の中優勝」したことになっちゃうわけだし。なんかレオナさんの個人的な憂さ晴らしに感じてしまうんですが…。

ラギーくんがジャックのこと「やっちまいましょうか?」って言ってたけど、いや絶対逆にやられるだろって思っちゃった(ごめん)。

 

 そして傷害事件の実行犯として目星をつけられてしまうラギーくん。物語冒頭でグリムにユニーク魔法を使ってきて、そのせいで後々怪しまれてしまうくだり、かなり迂闊だな~!彼絶対もっと賢いはずなのに、グリムだからってナメて無警戒にきたのかな。まあバレたところで証拠がないのは事実だけど。

音ゲーの『グリムを追いかけよう』をこれまで3回くらいプレイしてるわけですが、ここに来てついに『ラギーを追いかけよう』に変わる!グリム、ついに追いかけられ要因からの脱却。

f:id:ciiiars:20200610225723p:image

相変わらず音ゲー苦手な私なんだけど、赤と青が縦並びのやつは特に苦手!!左右上下で頭が混乱する。

最近気づいたんだけど、これってスコアによって中間挟むアニメーションが変わるんですね!?『マジフトをやろう!』で全然スコア取れずにいたら、フィールド走ってたエースとデュースぶッ飛ばされちゃってビックリした。ごめん私のせいで…!

 

 ラギーにブチギレかます、安定のリドルさん。

f:id:ciiiars:20200610233430p:image

ブチギレ癖は治っていないようです。いやこれでこそリドルだから、一生治さなくていいよ!ブチギレる瞬間を今か今かと待ちわびてしまう。

 

ジャックくんがサバナ寮から造反することを決意。が、「腹割って話す前にまずは拳で闘え」とのことで。いやなんで~~~~!?見た目通りのバキバキ脳筋タイプでした。これを快諾する、同じく拳で語り合う属性のデュース。このふたりはすぐ打ち解けられそう。

 結局この事件の実行犯はラギーで、首謀者はレオナ。サバナ寮生ほとんどが共犯な、寮ぐるみの大胆な悪事でした。ラギーくんがユニーク魔法使う瞬間を サバナ寮生が壁になって隠してるんじゃないかって話だけど、それ逆に目立ちません?筋骨隆々サバナ人が急に壁つくりだしたら注目しちゃうわ。

ラギーくんが体張って汚れ仕事をこなす中、裏で自分は一切手を汚さず、計画通りに事が進んでいるのをニヤニヤしてるレオナさん。ワルじゃん…(ワルです)。

 

ジャックくん、「...…こ・ん・か・い・は・お前らに協力してやる」ってやたら強調して言ってて、なぜ頑なに素直にならない!!素直になっちゃえよ~!!しかもなんだかんだ言って、大会当日朝におんぼろ寮までやってきて、監督生たちを起こしに来てくれる!「ランニングコースだから、ついでに寄っただけだ」とのことで。ふぅ~~~~ん……?サバナ寮からわざわざこんなところまで?ふぅ~~~ん……?

 

 大会当日。オクタヴィネルのトリオ、オシャレスーツが逆に反社会勢力の雰囲気をぷんぷん漂わせてる。アズールの協力を得て、魔法力強化剤を手に入れたラギーくん。それを使って大量の観客を一度に操つって、ディアソムニア寮生に突っ込ませることが目的らしい。めちゃくちゃ大胆なことするな〜!下手したら怪我人続出で大混乱、大会どころの騒ぎじゃなくなるんじゃない?かなり退廃的な策だと思うんですが。

ラギーくんが「ヌーの群れみたいに走れ!」って言ってて、ライオンキングのあのトラウマシーンを思い出す。

 

f:id:ciiiars:20200610225746p:image

ジャ、ジャックくん!?

君オオカミになれるの!?うそ…なにその夢みたいな魔法!獣人の時のチョロリン前髪がしっかり残ってるじゃん!!!????ジャックくん最強要素一気に詰め込み過ぎじゃないすか!

関係ない話だけど、ジャックくんの式典服カードのエピがあまりに愛くるしすぎる。なにこの子…(._.)って頭抱えること間違いなし。

 

 

 結局ジャックくんの告発とハーツ寮の協力によって、悪事は未然に防がれ、悪巧みが大勢の前で明るみになり追い詰められるレオナさん。そこからのグダグダ加減ったらないです。ふてくされて投げ出す子供みたい。計画自体結構ずさんだったし、こうなることも視野にあったんじゃないのかって思うのですが…。

レオナさん自身が防衛魔法やらの成績も良いらしく、リドルのユニーク魔法をあっさりはじき返してしまう実力者。「なんで普段から本気でやらないんだ」って言われてたけど、多分 何をやっても評価されなかった過去のトラウマから、傷付くくらいなら最初からやらないって防衛本能が働いてしまうのかも。

 

リリアがレオナさんにガチ説教するくだり、ぐうの音も出ないくらいド正論で、申し訳ないけど笑ってしまった。しかしリリアみたいな王の側近的立場の人から言われるのって、レオナさんからしたら相当残酷だと思う。しかもマレウスと比較されることで余計トラウマ抉られるだろうに。すぐ逆上すると思ったのに、すんなり「あぁそうだろうよ」って受け入れてるあたり、多分これまで同じようなこと言われ続けてたんだろうな。

【余談】レオナさんの授業でおまかせ編成すると、なぜか見事にディアソムニア縛りされます(なんで?)。地獄に放り込むみたいなことしてすまん。

f:id:ciiiars:20200614111825p:image

 

そして、闇落ちバーサーカー状態発動!!

オーバーブロットした姿は安定にめちゃくちゃカッコいいです。この姿のカード欲しい。

前回のリドルは魔法の使い過ぎが原因だったけど、レオナさんはそんなに酷使してた様子もないんですが。フラストレーション大解放みたいな感じなのかな。

f:id:ciiiars:20200610225854p:image

オバブロレオナさんめちゃくちゃ強ええ~~~~~!全然勝てねえ~~~!!あ、オバブロレオナさん吠える時のモーションがちょっとかわいかった。

どうしてもラギーくんとジャックくんをパーティーに入れて勝ちたかったんだけど、レベル上げ間に合ってなくて泣く泣く諦めました。

 

 

第二王子ってことで、性格も努力も成果も正当に評価されず、第一王子派閥から忌み嫌われる人生を送ってきたらしい。レオナさんって庶民から見たらあくまで『王族』で羨まれる立場なところが、悩ましいな〜思う。私も正直最初は「わがままだな」って思っちゃったし。誰からも苦悩を理解されず、飢えてたんだろうな。

とりあえずレオナさんぶん殴ってコトは落ち着いたけど、根本的にはまったくなにひとつ解決していないレオナさん実家問題。学園では自分を認めてくれる寮生がいるけど、一歩学園を出たら元の生活に逆戻りだからね。兄貴からは大事にされてるみたいだし、国王が味方なら怖いもの無しじゃないかって思うのですが、レオナさんの方が兄貴に反抗的だったしな〜。どうしたもんかね…。

 

で、レオナさんの過去は同情すべきだけど、それはそれ これはこれ。事件の落とし前はどうつけるつもりなんですか!?

成人してるから本人の責任だし、国に知られたら断罪どころの騒ぎじゃないですよね。

学園長が「とりあえずサバナ寮は大会失格で…」ってなりかけたところに、被害者生徒たちが集まって、「彼らを失格にしないでください!」って言ってきた。ウソ……許してくれるの…?まさかの感動展開…?と思いきや、

「それだと仕返しできないじゃないですかwww」とのことで。うわ~マジフトの名前使って正当にボコすつもりだ!前に監督生たちにやったことが、そのまま返ってくるサバナ寮生たち。しかもレオナさんたちオバブロ騒ぎですでにズタボロだし。

……機を逃すな!思う存分やったれ!!f:id:ciiiars:20200610225933p:image

トレイ先輩のゲス顔しびれるぅ~~~~!!

その後レオナさんたち、直接ディスクで殴られまくって保健室行きになったって(笑)。とりあえずこれで収まってくれるならいいもんですよ!慰謝料請求されなくてほんとよかったよ。

 

ラギーくん、レオナさんに相当罵倒されたり殺されかけたりして、この中で一番ぶん殴る権利あると思うのに、それでも変わらず付いていくってどんだけ健気なんだ…。ラギーくんって、レオナさんのたまに出る自己卑下を「そんなもんスかね」みたいに肯定も否定もしないし、レオナさんにとってもストレスなくていい相棒だと思うんですよね。大事にしなよアンタ!!

ラギー君がレオナさんを魔法で強制笑顔にするくだり、ほっこり…(⌒∇⌒)

f:id:ciiiars:20200610230111p:image

 

試合中にケガで気絶した監督生を、保健室まで見舞いに来てくれたエースデュース。たかがその程度なのに、うっかり感動してしまった(笑)。だって閉会式もとっくに終わってて、彼らなら真っ先に帰りそうじゃん!エースデュースと一緒に過ごす時間が長すぎて、こっちはもうとっくにマブダチの気でいるんですが…、君らはどう思ってる…?(照)

ちなみにトップ画面に設定した時のエース、彼氏感ハンパないです。ヤンチャで生意気な同級生彼氏。

 

 そんでレオナさんの甥っ子チェカくん、コロコロしててめちゃんこかわいい。レオナさんに容赦なく乗っかってはしゃいだり、すこぶる元気な太陽のような存在!!ものすごく懐かれてるじゃんレオナさ〜〜〜〜ん!!レオナさんからしたら王位奪った存在ってのが皮肉ですが!

f:id:ciiiars:20200610230030p:image

チェカくん登場によって、レオナさんが一気に可愛らしくなった。威厳ガタ落ちしたけど、これはこれで取っ付き易くなっていいと思います!いかつい兄ちゃん × 子供ってなぜこんなに心が潤う?ラギーくんもジャックくんもお兄ちゃん属性みたいだし、サバナ寮 健全なギャップ持ち多し。

チェカくんっておそらくシンバがモチーフになってるんだけど、いわゆる『正義側』のキャラが、ちゃんと光属性で登場してきて驚いた。そっちもちゃんと確立して同軸に存在してるっぽい。なんか一気に話がややこしくなったな。彼らもツイステの世界にいるってことは、グレートセブンの教えに則ってるってことになるのか…?

 

最後、学園長の言動で急激に不穏になる。ウソでしょ…学園長黒い石で何するつもりだったの…?何かとんでもないことやらかすつもりじゃないでしょうね!?やだよ…みんなで平和にマジフトしてたいよ…。

石食ってるグリム、もはやキマっちゃってるじゃん!!グリムーーーーー!!!誰かグリムを止めてーーーーー!!!