魂の文学的良心

感想とかレポとか日記

2018年現場まとめ

 

2018年はね~、まず新年早々仕事辞めたところから始まるんだよね。しかも体調不良で。

でもそのおかげで、休み希望とか関係なく現場に足を運べたから!!

 

1/13(土)PARKDOLL&HERO PRIVATE DINNER SHOW IN JAPAN
カムサハムニダパーティー2018~ in第一ホテル東京

辞職が決まって、「なら行けるじゃん…?」って気づいて、応募締め切りギリギリにチケット買った。しかし大雪の影響で特急遅延して、東京着いたのがディナー開始時刻ギリギリで超焦った思い出。

ライブは最後列で見てたけど、ドル様が客席ねり歩いて来て迫力が凄かった。黒衣装抜群に似合うな。ヒーローくんは白が凄まじく似合う。

ライブ終わり、最後にドル様とヒーローくんから韓国菓子詰め合わせのお土産手渡しでもらって、中に入ってた薬菓ってお菓子がめちゃくちゃ美味しかった。かりんとう饅頭を潰して油と砂糖染み込ませたみたいな味。すごい歯にくっついてめちゃくちゃ美味しかった。

この日のためにパーティドレスとか靴新調して、準備段階からワクワクした。ライブとはまた違う感覚だった。

 

2/14(水)インターネットサイン会

これを現場って言ったらちょっと違うけど、参加したって意味では現場みたいなものとして書くよ。

朴と先生が設定資料集にサインしてくれるのを、生中継でyoutubeで観れるっていうやつ。私の名前入り資料集とバレンタインverアクキーがもらえた。

朴か先生どちらかが名前書いてくれるんだけど、推しである朴が当たって大喜びした思い出。実物が届いて中身確認したらまさかの全員のサイン入りで、知らなかったから普通にびっくりした。

この日が半熟男子の放送日と思いっきり被ってて、パソコンでサイン会、スマホで半熟男子流しながら見た。

 

4/5(木)生半熟男子の野望 in品川インターシティホール

バラエティ番組の半熟男子を、ファンの前でやっちゃおうというイベント。イベント後にライブもあったよ。

一部は半熟男子の裏映像とか裏話。ゴーカート回でテレビでは映らなかったけど、実はタツキがスタッフさんを轢いてたっていう事実が発覚。めちゃくちゃ笑った。

二部はアルスが催眠術にかかるよ!っていう内容。オタクたちのドツボを突く企画サンキュー&サンキュー。催眠術にかけられてマジビビリするメンバーが生で観れたのは非常に良かった。

めっちゃ後方の席で双眼鏡なしじゃほとんど何も見えなかったけど、会場の空気感味わえただけで満足。

 

5/3(木)アルスブートキャンプリリイベ inアリオ八尾

5/4(金)アルスブートキャンプリリイベ  in中部国際空港セントレア

ア〜ルスブ〜トキャ〜〜ンプ!!この曲のAメロ(アキラ君歌唱ver)が大ッッッ好き。

ミリタリーパンツが男らしくてかっこいい。締めるとこはピタピタに締まってて非常に良きなお衣装でございました。

kwskはこちらの記事で↓

大阪→名古屋と、文字通りアルスを「追っかけ」したGW - 魂の文学的良心

今年は公共交通機関の遅延とかでてんやわんやしてる。あわてることが多々あったなーと。

アリオ八尾にて、メンバーが差し入れでもらって食べたっていう唐揚げ屋さんの唐揚げ 同じやつ買って丸一晩常温で放置した後、朝食に食べたらお腹壊したよっていう事件があった。そりゃそうだよね。

 

6/2.3(土日)九瓏ノ主学園オープンキャンパス in舞浜アンフィシアター

おニューのポンチョ衣装が愛くるしかった。クロノス学園のブレザー大好き人間なので、序盤ずっとブレザーだったのすごい嬉しかった。あとカルチェ衣装初お披露目な。大絶叫した。

しばらくカルチェカルチェ言ってた。

詳しくはこちら。

6/2.3 成人済みだけど、高校のオーキャンに行った(ネタバレ注意) - 魂の文学的良心

6/3 オープンキャンパス最終日レポ - 魂の文学的良心

東京ディズニーランドの真隣!だんだん顔見知りも増えてきて、現場でのファン同士の交流とかがめっちゃ楽しい。

 

9/24(月)アルスミュージアムリリイベ inイオンモール茨木

女性ホルモンの暴走 ~9/24アルスミュージアムリリイベに行ったよ~ - 魂の文学的良心

フロリダにカルチェっていうどっちともゴリゴリダンスナンバーだったからか、満足度が非常に高かった。1時間のライブ見た後みたいな興奮度だった。

今までテンパリまくりだった握手会だけど、この回でやっと会話らしい会話ができるようになってきた。「落ち着いて、冷静に、ゆっくり丁寧に」って何度も言い聞かせて挑んだ思い出。

私って朴爆推しじゃん?でも握手の時って意外にも朴が1番リラックスして挑めるんだなって気づいた。今回の握手会で。普通1番好きな人のとこが1番緊張するはずなのに、なんでだろうね〜。逆に先生とアキラ君がド緊張してしまう。

 

10/20(土)龍煌祭 in zepp名古屋

待ちに待ったツアー!!そして初めてヲタ友との連番!人と参戦することの楽しさをひしひしと感じる。

10/20 龍煌祭 in Zepp名古屋ライブレポ 〜俺たちの文化祭〜 - 魂の文学的良心

 

10/21(日)龍煌祭 in 広島クラブクアトロ

名古屋一緒に行った方お誘いしてもらって、広島も参戦!お誘い受けるまでは参加するつもりなかったんだけど、結果としてマジで行って良かった広島公演。席もステージに近かったし、メンバーもファンも全員テンション高かった。今回参加した4箇所で1番楽しかった公演。

10/21龍煌祭 in 広島CLUB QUATTRO 〜乳首の透けた女子アイドル〜 - 魂の文学的良心

 

10/27(土)龍煌祭 in zepp大阪ベイサイド

まさかのユニバの隣だった衝撃。会場付近はユニバ行きの仮装した人がたくさんいた。zeppからユニバ内の装飾品の裏っかわのハリボテ部分が丸見えで、逆に好感が持てた。

10/27 龍煌祭 in zepp大阪ベイサイド ~ミチミチにしてやんよ〜 - 魂の文学的良心

 

10/28(日)龍煌祭 in zepp大阪ベイサイド

この公演のレポブログはまだ書いてないから、後ほど〜。

ツアーはここで折り返し地点だけど、私にとってはこの大阪2日目がオーラスだった。初の逆最前で野鳥の会してた(双眼鏡で遠くの推しを眺めるの意)。遠慮せず全力で飛び跳ねた思い出。初めてこういう参戦のし方したけど、かなり楽しかった。一度近くで観ちゃうと、「次はもっと近く!もっと!もっとだ!」って欲が出てしまうけど、逆に1番遠いところから全体を俯瞰で見るのもこれはこれでいいなと思った。ダンスがいかに揃ってるかが良く分かる。

 

 

10/28の大阪が現場納めだった〜。

今年は自分的にかなり充実してたなって思います。現場に足を運んだ回数もそうだけど、気持ちの面でだいぶ充実してた。こう、常に満たされていたというか。熱に満ちた一年だったな〜と。一定の間隔で会いに行くってほんとに大事なんだなと実感した一年だった。